ヘッダー

マリーンズ・スポーツカレッジ
MARINES SPORTS COLLEGE

千葉ロッテマリーンズでは、2013年より地元の大学生が球団運営に関わる公式インターンシッププログラム「マリーンズ・スポーツカレッジ」を実施しています。学生ならではの若い発想とエネルギーで、マリーンズを盛り上げてくれる彼らにもご注目ください。

マリーンズ・スポーツカレッジとは

マリーンズ・スポーツカレッジとは、千葉ロッテマリーンズが地域に根差したプロスポーツチームとして発展すべく、学生の皆さんに球団運営に関わっていただく場を作り、皆さんとともにスタジアムや地域における活動・サービスの拡充に取り組むインターンシッププログラムです。スポーツビジネスおよび地域活性活動を真剣に学びたい学生のために場を提供し、実務を担ってもらいながら、プロスポーツビジネス業界の将来の人材育成を行いたいと考えています。

主な活動内容

スポーツカレッジの活動は、学生が自ら組織を編成し、運営に取り組んでいます。カレッジ内にチームを作り、チームごとに試合運営(1チーム週1、2回程度)に関わりながら、既存サービスの改善や新しいファンサービスの企画立案を行います。

試合運営の改善、ファンサービスの企画立案・運営

ZOZOマリンスタジアムでのマリーンズホームゲーム開催日における試合運営業務、ファンサービスの企画立案・運営に取り組みます。

地域ファンサービスの企画立案・運営

ZOZOマリンスタジアム近隣地域を中心とした千葉県内での地域ファンサービス企画立案・運営に取り組みます。

各チーム活動紹介

Aチーム(女性来場促進)
私たちは女性ファンの方々に向けて、ZOZOマリンに行ってみたい!!もっとZOZOマリンに来たい!!と思っていただけるような企画を行う予定です。以前参加してくださった方も、まだ参加したことのない方もお気軽にご参加ください。
(横井美南 東京情報大)
Bチーム(イースタン)
今年は船橋、習志野、市原でマリーンズ主催の二軍戦が開催されます。昨年行った企画に加え、新たな企画も実行できるよう取り組んでいます。チーム員一同試合を盛り上げるべく頑張ってまいります。(有馬紗理奈 川村学園女子大)
Cチーム(少年野球チーム来場促進)
私たちは、少年野球チームやソフトボールチームなどを球場に招待しています。千葉県内の少年少女に少しでもプロ野球を身近に感じてもらうことで野球振興さらにはマリーンズファンの拡大へと繋げます!!
(瀬戸達哉 日本大)
Dチーム(学生来場促進)
「学生の学生による学生のためのチーム」をコンセプトに、学生をターゲットにした企画の運営を行います。まだ球場に来場されたことがない学生の方でも「行ってみたい!!」と思えるワクワク感溢れるイベントを提供します!!
(降幡知真 城西国際大)
Eチーム(小口協賛の獲得)
球場近隣の地域企業や商店街とマリーンズが連携し、マリーンズによる地域活性を起こすべく活動しています。特に、商店街協賛プログラム「マリーンズ・サポートタウン」では地域商店街の活性化に取り組んでいます。
(臼杵良 首都大学東京)

マリーンズ・サポートタウン概要

Fチーム(近隣住民の来場促進)
このチームは、近隣地域住民の来場促進を目的として活動しています。近隣住民の方に足を運んでいただけるように、日々地域のイベントに参加しています。マリーンズを身近に感じてもらえるように今年も頑張ります!!
(工藤駿人 城西国際大)
Gチーム(マリーンズ・キッズスクール)
小学生を対象としたお仕事体験プログラム、マリーンズ・キッズスクール(MKS)をはじめ、子どもを対象に、マリーンズをもっと好きになるようなイベントの企画や運営をしています。
(宮崎しず波 東洋大)

※MKSお問い合わせ:
marines.kids.school@gmail.com

2017年度マリーンズ・スポーツカレッジ募集 詳細はこちら

歴代代表

2016年度 代表:内田雅哉(順天堂大学) 副代表:尾ノ口眞子(慶應義塾大学)
2015年度 代表:熊川衆(東京大学) 副代表:橋本竜治(明治学院大学)・神坂未来(國學院大学)
2014年度 代表:齋藤隆太(慶應義塾大学) 副代表:藤嶋涼輔(千葉商科大学)
2013年度 代表:阿部浩平(早稲田大学大学院) 副代表:今田健斗(中央大学)