マリーンズ算数ドリル

千葉ロッテマリーンズが千葉市教育委員会の後援、そしてNPOちば算数・数学を楽しむ会の制作協力のもとに「マリーンズ算数ドリル」を制作し、千葉市内の小学校へ配布します。
「マリーンズ算数ドリル」で楽しく学習しよう!!

2014年12月「マリーンズ算数ドリル」 第11回無償配布

千葉ロッテマリーンズは12月18日(木)に千葉市内全小学校(国立大学法人千葉大学教育学部附属小学校や特別支援学級を含む)全児童約52,000人に無償配布しました。

NPO法人「ちば算数・数学を楽しむ会」の製作協力のもと、問題にはマリーンズの選手が登場したり、野球に関する出題があり、楽しみながら勉強ができる内容が満載となっています。

制作協力

NPO法人「ちば算数・数学を楽しむ会」

イメージ

贈呈式の様子

12月18日(木)加藤翔平選手とマーくん、リーンちゃんが新宿小学校を訪問し、マリーンズ算数ドリルを贈呈しました。
加藤選手から「小学生の頃は体も小さく、体育も苦手だった。」との発言に今の姿からは想像がつなかいと子供たちも驚きの様子でした。
「僕はいつも宿題は休みの終わりに焦ってやっていたので、早く宿題は済ませて、クリスマスやお正月を楽しんでください。どんなことでもいいので、人より努力して得意なものを作って欲しい。」と冬休み、そして子供たちの将来に向けてメッセージを送りました。

「マリーンズ算数ドリル」第11回無償配布
「マリーンズ算数ドリル」第11回無償配布
「マリーンズ算数ドリル」第11回無償配布
「マリーンズ算数ドリル」第11回無償配布
「マリーンズ算数ドリル」第11回無償配布
「マリーンズ算数ドリル」第11回無償配布