マリーンズ・ジュニア 2018

小学5、6年生による12球団ジュニアチームNo.1決定戦「NPB 12球団ジュニアトーナメント2018」に出場するマリーンズ・ジュニアチームの選考会や練習風景をお伝えします!!

※今年度の大会概要は公開され次第掲載いたします。

マリーンズ・ジュニア 2018 活動報告

マリーンズ・ジュニア2018 選考会

今年度も7月の下旬から8月上旬でマリーンズ・ジュニア2018の選考会が実施されました。本年度は県内外から600名弱の選手に参加いただいての選考会となりました。

非常にレベルの高い選手が多く、この600名近い選手の中から16名を選ぶのは非常に心苦しいものがあります。

選考過程で不合格となってしまった選手のみなさん、今回は一緒に戦うことはできませんでしたがこれからも野球を大好きでいてくれたら嬉しいです。いずれマリーンズの選手として入団してきてくれることをスタッフ一同、楽しみにしております。

合格者の皆さん、まずはおめでとうございます。
歴代のOB・OGたちに聞くと「選考会以上に緊張したことはない」と口を揃えて言います。

頑張ってきたから緊張するし、自分に自信があるからこそ失敗したときに落ち込むのは当たり前です。

今後自信をつけること、打ち砕かれること、壁にぶつかること…いろいろあるかと思いますがチームメイトや我々スタッフとともに本大会優勝を目指して頑張りましょう。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

マリーンズ・ジュニア2018 メンバー決定

マリーンズ・ジュニア2018のメンバーは下記の通りです。

背番号 選手名 所属チーム
1 美濃川 湊 蔵波ジャガーズ
2 片岡 陸斗 蔵波ジャガーズ
3 堀江 泰祈 南部少年野球部
4 海老原 未咲 ナインスターズ
5 中村 虎汰郎 実花レジェンド
6 渡辺 翔太 新取手リトルメッツ
7 清水 一輝 七次台ジャガーズ
8 洗平 比呂 二和タイガース
9 白石 楓真 若松ヤンガーズ
10 鳥羽 さとみ 大新ジャガーズ
11 石塚 裕惺 勝田ハニーズ
12 湯浅 桜翼 越中島ブレーブス
13 伊藤 まこと ナスパマリーンズ
14 松本 拓海 北柏スーパーナイン
15 鈴木 晴仁 成東ファイターズ
16 井上 陸 国分寺エンゼルス
9月1日(土) 第1回練習日
練習風景
練習風景
練習風景
練習風景
練習風景

本日は稲毛海浜公園屋内練習場にてマリーンズ・ジュニア2018第1回の練習が行われました。ジュニア合格発表後、初の対面ということもあり会場入りする選手たちの表情は緊張からか非常に固かったように見えました。

簡単な顔合わせ会を行い、選手たちはすぐに練習へ。

午前中は守備練習を中心に、マリーンズ・ジュニアとしての基本の確認やどう考えて野球をするかというところを中心に投内連携、内野ノックを行いました。

午後はマシンと手投げでバッティング練習を行いました。

初回ということもあり今日は軽めの練習となりました。
(次回以降は楽しい楽しいランニングもあるはず…。)

選手の皆さんには監督からもありましたが怪我をしないよう、睡眠・食事・ストレッチを家でしっかりしてください。

選ばれなかった選手たちの思いを背負って、強くなっていきましょう!!

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

9月8日(土) 第2回練習日
練習風景
練習風景
練習風景

本日は第2回の練習が行われました。

また本日は、12球団ジュニアトーナメント事務局立ち合いのもと公開練習という形での実施となりました。2回目の練習ということで練習前の談笑など選手間でコミュニケーションを取る光景が多く見られたのが印象的でした。
練習内容については午前中に投内連携を中心とした守備練習、午後は前回同様に3組に分かれての打撃練習を行いました。

選手たちが練習している間に保護者の皆さまは大会事務局による説明会に参加し、大会のレギュレーションやツアーに関する説明を受けました。12月の札幌は本当に寒いですし、ホテルのロビーからバスに乗り込む数十メートルの間で滑って転倒したり、美味しいもの食べ物や飲み物の影響でサイズアップする方もいますので十分ご注意ください…。(笑)

説明会後は公式戦で着用するユニフォームやアパレルの採寸が行われました。支給品の数に目を輝かせる選手たちですが、それだけの苦労がこの先待っています。覚悟してくださいね?

不安な選手は家で体幹トレーニング、ランニング、ストレッチをする習慣をつけておきましょう!!
それではまた次週、元気な顔を見せてくれることを楽しみにしています。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

9月15日(土) 第3回練習日

本日は第3回の練習が行われました。

午前中はアップ→守備練習の流れ。
投内連携も最初のころに比べると自然とできるようになっているよう感じました。
地味なプレーではありますが、勝敗を分けるプレーとなる可能性もありますので繰り返ししっかり練習していきましょう。
今回からサインプレーの練習も始まりました。特に2塁牽制については今後かなり使うことになるので覚えておきましょう。

午後はシートバッティングを実施しました。
選考会以来初めて選手同士の対戦となりましたが、対戦してみてどうだったでしょうか。
今日の反省をしっかりして、来週からの対外試合に臨んでいきましょう。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

練習試合 対ヤクルトスワローズ.Jr
練習風景
練習風景
練習風景
練習風景

本日は初の対外試合となるスワローズ.Jrさんとの練習試合が実施されました。

道満運動公園野球場

第1試合 1 2 3 4 5 6 7 R
マリーンズ・ジュニア 0 0 0 0 6 0 0 6
スワローズ・ジュニア 0 4 0 0 0 1 1 6
バッテリー 二塁打 三塁打 本塁打
美濃川-鈴木-井上=片岡     石塚
岸野-石島-三河=黒岩 岸野,矢竹   金子,岸野

ヤクルト戸田球場

第2試合 1 2 3 4 5 6 7 R
スワローズ・ジュニア 3 0 1 1 1 0 0 6
マリーンズ・ジュニア 0 0 0 0 0 0 2 2
バッテリー 二塁打 三塁打 本塁打
藤崎-井上-金子=黒岩 須田,田崎   岸野
伊藤-洗平-中村-鈴木=鳥羽,堀江 美濃川    

2試合で1分け1敗という結果でした。

各自試合で出た反省を忘れずに次回の練習に繋げましょう。
スワローズ・ジュニア関係者の皆さま、ありがとうございました。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

9月24日(月・祝) 第4回練習日

本日は第4回の練習が稲毛海浜公園屋外野球場を使って行われました。
練習日としては初の屋外使用となります。

午前中はアップ→投内連携→守備練習→ゲームノックという流れで実施。
最初は遠慮して声を出していた選手たちから、ミスに対して厳しい声が出たりするようになってきたのはとてもいいことだと思います。次はミスを防ぐための声掛けであったり、準備をできるようになるともう一段階ステップアップできるはずです。

ゲームノックではお父様方の激走もあり、実戦に近い練習ができました。

午後はまずコーチを相手にバッティング練習を実施しました。
カウント1-1からのスタートでしたが初球を見逃す選手が多かったように思います。
コーチが投げる球が速いのは打席に入る前に見ればわかるはずです。その中でできる準備をしっかりしていれば初球から振っていくことはできたはずです。
打席に立つ前に気持ちで負けないようにしましょう!

バッティング後は野手組と投手組に分かれてマシン打撃と守備練習を実施。
少人数で数をこなすとてもいい練習だったと思います。

最後の特守もキツイ中、いい声を出して頑張っていたと思います。

体のケアをしっかりして、また来週しっかり練習できるようにしましょう。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

9月29日(土)第5回練習日

本日は第5回の練習が稲毛海浜公園屋内球技場を使って行われました。

午前中はアップ→投内連携→守備練習後に投手はピッチング、野手は内野ノック分かれる形で実施。

午後は1ヵ所でのバッティング、マシン打撃、守備練習の3班に分かれてローテーション。
その後は強化練習を行いました。

監督も言っていましたが、体力が無いと今後の練習や連戦についてこれなくなってしまいます。今年度のジュニアの活動が始まってからは1番走ったかもしれませんが例年と比べるとまだまだです。
走ることも大切ですが体幹が…な状態なので各自家で少しずつ取り組んでいきましょう。

来週は地域の選抜チームとの試合です。
ジュニアの選考会で一緒にプレーした選手もいるはずです。
活動が始まってまだ1ヵ月ほどですが、この期間で身に付けたこと、練習してきたことの成果を見せれるよう頑張りましょう。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

練習試合 対松戸市選抜

本日は松戸市選抜との練習試合が実施されました。

第1試合 1 2 3 4 5 6 7 R
マリーンズ・ジュニア 3 2 1 2 6 0   14
松戸市選抜 0 1 0 0 0 0   1
バッテリー 二塁打 三塁打 本塁打
洗平-石塚-美濃川=片岡-堀江-鳥羽 美濃川   中村,石塚
       
第2試合 1 2 3 4 5 6 7 R
松戸市選抜 0 0 0 2       2
マリーンズ・ジュニア 0 1 0 2       3
バッテリー 二塁打 三塁打 本塁打
       
松本-鈴木=片岡     石塚

2試合で2勝という結果でした。

試合のなかでの反省点ですが、コーチからもあった通り「走塁」が大きなウエイトを占めていると思います。
「セカンドリード」や「ハーフウェー」の判断、その数cmでセーフかアウトが変わってきます。走塁は数をこなさなければなかなか身につかないものではありますが、各自自チームに持ち帰り実践していきましょう。

松戸市選抜の関係者の皆さま、ありがとうございました。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

10月8日(月・祝)第6回練習日

本日は第6回の練習が稲毛海浜公園屋内球技場を使って行われました。

来週は船橋市選抜との練習試合が予定されています。
前回の試合で出た反省を繰り返すことのないよう、チーム全員で意識して取り組んでいきましょう。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢

練習試合 対船橋市選抜

本日は宮野木スポーツセンター野球場にて船橋市選抜との練習試合が実施されました。

第1試合 1 2 3 4 5 6 7 R
船橋市選抜 2 0 0 0 0 0 0 2
マリーンズ・ジュニア 3 0 3 0 2 1 X 9
バッテリー 二塁打 三塁打 本塁打
       
鈴木-松本-石塚=片岡 白石,堀江 石塚,美濃川,中村  
第2試合 1 2 3 4 5 6 7 R
マリーンズ・ジュニア 0 1 1 0 10     12
船橋市選抜 0 0 0 3 0     3
バッテリー 二塁打 三塁打 本塁打
美濃川-洗平=堀江,片岡 美濃川,鈴木    
       

2試合で2勝という結果でした。

試合のなかでの反省点ですが、前回同様「走塁」が大きな課題だと思います。
試合後の練習でも確認しましたが、相手の守備体形やポジショニングを確認してからリードをとるようにしましょう。

また、相手を研究することも大切です。
牽制と投球するときのフォームや間合いの違い、牽制がキャッチャーからのサインかどうかなどバッテリーのクセに敏感になりましょう。

今日の試合の中でうまくいかなかったことがある選手もいると思います。
実際どれだけ練習してもミスは出てしまうものですし、練習してきたからこそ本番でその力を発揮できるか不安になるものです。
マウンドに上がったり、打席に入ったらもうあとは相手と勝負するだけです。
自ら不安になって気持ちの部分で引いてしまったら相手には勝てませんし、後ろ向きな姿を見せることで相手に付け入るスキを与えてしまいます。

前回のチームミーティングで宏之コーチからあった通り、口から出た言葉はその通りになります。どんな時も「俺ならできる」「絶対に打つ(抑える)」という気持ちや姿勢を見せてください。

最後になりますが、船橋市選抜の関係者の皆さまご足労いただきありがとうございました。

マリーンズ・ジュニア2018 マネージャー中沢