会員規約

TEAM26会員規約(2017年度版)

第1条(目的)
株式会社千葉ロッテマリーンズ(以下、「当社」という)は、当社が様々な特典を提供する会員組織制度である「千葉ロッテマリーンズ公式ファンクラブTEAM26」(以下、「本会」という)を運営いたします。この規約(以下、「本規約」という)は、本会について、第2条に定める会員(以下、「会員」という)と当社の間の各種条件を定めたものです。
第2条(定義)
「会員」:本会への入会申込みをして当社より入会を認められた個人のお客様を意味するものです。
「Mポイント」:対象サービスの利用・商品の購入に応じて会員に付与されるサービスポイントを意味するものです。
「Mポイント口座」:各会員のMポイントを管理するために当社が各会員の会員資格毎に設定する口座を意味するものです。
「無料会員」:無料の会員資格。「マリーンズ」会員を意味するものです。
「有料会員」:有料の会員資格。「レギュラー(カジュアル・レギュラー含む)」「ジュニア」「ゴールド(プレミアム・ゴールド含む)」の3種類の会員資格を意味するものです。
「会員証」:当社が会員に対して発行する会員証を意味するものです。
「カード情報」:会員証上に表示される会員の氏名、会員番号を意味するものです。
第3条(入会)
1.無料会員については、会員規約をご承諾の上、当社所定の方法により入会申し込みをされ、当社が審査の上入会を承諾した方を正式に会員とします。有料会員については、会員規約をご承諾の上、当社所定の方法により、入会申し込み及び当社所定の年会費のお支払いをされ、当社が審査の上入会を承諾した方を正式に会員とします。
2.会員は、入会申込の時点で、本規約の内容に拘束されることに同意しているものとみなされます。
3.入会申込者が次の事項のいずれかに該当する場合、本会に入会することができません。
1)入会申込時の記載事項に虚偽、誤記、記入漏れ等がある場合
2)入会申込者が実在しない場合
3)入会申込者が法人、団体等である場合
4)入会申込者の承諾なくして他人が申込んだ場合
5)入会申込者による入会申込の目的が、いわゆるダフ屋行為(入場券等の不当な売買行為)又はショバ屋行為(座席等の不当な占拠行為)である、若しくは入会申込者がいわゆるダフ屋行為又はショバ屋行為の常習者であると当社が認める場合
6)入会申込者がいわゆる暴力団組員、構成員や関係者であると当社が認める場合
7)過去に入会及び退会を繰り返しており、それらが不適切なものであると当社が判断した場合
8)本会の年会費の決済方法として、入会申込者が指定したクレジットカード又は銀行等預貯金口座の使用が認められない等、入会申込者が指定した決済手段が無効である場合
9)入会申込をした時点で当社との間での何らかの支払いを怠っている場合または過去に支払いを怠ったことがある場合
10)入会申込者の住地(当社からの送付物の送付先)が日本国外である場合
11)本規約又は利用規約等に違反した場合
12)その他、会員として不適当であると当社が認める場合
第4条(会員証)
1.有料会員には当該会員の種類に応じた会員証が発行されます。無料会員には球場窓口でお手続きされた方に限定し会員証を発行します。
2.会員証の所有権は株式会社千葉ロッテマリーンズが有し、会員は会員証の貸与を受けるものとします。会員は、当社から、会員証の返却を求め
られたときは直ちにこれを返却するものとします。
3.会員は、会員証のうち署名欄のあるカードが貸与された場合は、すみやかに所定の署名欄に自己の署名を行わなければなりません。
4.会員は、善良なる管理者の注意をもって会員証及びカード情報を使用し管理しなければなりません。また、会員は、他人に対し、会員証を貸与、譲渡、担保提供すること、又はカード情報を使用させることを一切してはなりません。
5.会員証の紛失、盗難、破損、汚損等により会員が希望する場合には、審査のうえ承認した場合に限り、当該会員証を再発行します。この場合、会員は当社所定の再発行手数料を支払うものとします。
第5条(会員たる地位の譲渡等の禁止)
会員は、会員としての地位を、いかなる第三者に対しても譲渡、使用許諾、又は担保に供する等の行為はできません。
第6条(Mポイントの付与)
1.当社は、会員に対し、当社が指定したサービスの利用や商品の購入時等に、当該会員の資格及び種類に応じ、当社所定のMポイントを付与するものとします。当社は、Mポイント取得の基準、対象となるサービス・商品等、付与するポイント数、その他、Mポイントに関する事項を随時かつ任意に見直すことができるものとします。
2.Mポイントは、当社所定の会員のMポイント口座に記録されることで付与されます。会員がポイント付与の対象となるサービスの利用、商品の購入等を行った場合であっても、当社所定の手続きに従い、当該MポイントがMポイント口座に記録された後でなければ会員は当該Mポイントを利用することができないものとします。なお、当社は、当該Mポイントの記録の時期を会員に保証するものではありません。
3.会員は、Mポイントを会員を含む第三者との間で共有、合算、貸与、交換及び譲渡することはできません。同一会員が複数の会員資格を有している場合、当該会員は、複数の会員資格に基づき複数のMポイント口座に記録されているMポイントを統合、移転又は交換等をすることはできず、また、複数のMポイント口座に記録されているMポイントを合算して特典への交換に供することはできません。
4.Mポイントは、当該Mポイントの取得にかかるサービスの利用日又は商品の購入日が属する年度(年度は当年2月1日~翌年1月31日を意味する)の翌年度の有効期限である1月31日まで有効であり、かかる有効期限経過後は当該Mポイントは失効するものとします。
5.当社は、Mポイントの換金はいたしません。
6.お買い上げ商品を返品又はサービスの利用を取消される場合(以下、本項において「返品等」といいます。)には、当該商品ご購入時やサービス利用時に付与したMポイントが減じられます。返品等を利用したMポイントの取得、特典への交換等が不当なものであると当社が判断した場合、第11条第1項第(2)号所定の会員資格の終了事由にあるとみなされます。
第7条(Mポイントの特典への交換)
1.会員は、付与されたMポイントを、当社所定の手続き及び条件に従い申込を行うことにより、当社所定の特典に交換することができるものとします。
2.Mポイントにより交換可能な特典、交換比率(交換商品、会員資格、会員の種類により異なることがあります。)、交換をお申し込みいただく期限、その他特典に関する条件等については当社が定めるところに従うものとし、当社は、いつでも当該条件等を任意に変更できるものとします。
3.Mポイントの交換対象となっている特典にはその数量が限定されているものがあり、交換をお申し込みいただいても交換に応じかねることがあります。その場合、当社は何ら責任を負うものではありません。
4.Mポイントの特典交換の申込は、当該Mポイントを保有している会員本人からの申し込みに限定されるものとし、それ以外の方からのお申し込みはできません。
5.Mポイントの特典交換の申し込み時には、当社所定の本人確認を行います。本人である旨の確認ができない場合は、申し込みをお断りします。
6.会員が、Mポイントと交換で取得した特典については、いかなる形でも第三者へ譲渡したり、売却したり金品と交換したりすることを禁止します。
7.有効期限の設定のある特典については、必ず有効期限内にご利用ください。
第8条(Mポイント付与・利用の一時停止)
コンピュータの障害等でMポイント付与や利用が一時的にできなくなる場合でも、当社はいかなる責任も負いません。
第9条(特典の紛失・盗難等)
当社は、Mポイントの交換により会員が取得した全ての特典について、紛失・盗難その他理由の如何を問わず再提供の義務を負いません。また、特典の発送以降、配送中に生じた遅延、紛失、損害等のあらゆる事故により会員が特典を利用できない状況となった場合についても、当社はそれを補償するいかなる責任も負いません。
第10条(Mポイントの払い戻し)
交換された特典については、その理由の如何を問わずMポイントの払い戻し、換金、返還、返品、他の特典への変更を行いません。また、当社は会員が特典を利用しなかったことに関連し、その理由の如何を問わず、いかなる責任も負いません。
第11条(会員資格の終了)
1.会員の会員資格は、以下の事由のいずれかに該当する場合、終了するものとします。
1)当社所定の手続きを行い、本会を退会した場合
2)Mポイントの不正取得、特典の不正利用、本規約又はその手続きへの違反、虚偽の通知、もしくはその他当社との信頼関係を著く損なう行為等を行ったことにより、当社が会員資格を取り消した場合
3)会員が死亡した場合
4)第3条3項に該当した場合
2.会員が本条第1項に従いその会員資格を終了した場合、同時に、当該会員が保有するMポイントは全て失効し、当該会員はその他の会員としての諸権利を失うものとします。
3.会員が本条第1項に従いその会員資格を終了した場合には、当該会員は、速やかに会員証を当社に返却するものとします。
4.本条第1項(2)号所定の事由がある場合には、当社は、その判断により、会員資格の取消に代えて、Mポイントの一部又は全部の没収、未使用の全ての特典の利用停止、返還請求その他の措置を講ずることがあります。また、本条第1項(2)号所定の事由に基づき会員資格の取消を受けた場合には、本会への以後の参加を認めない場合もあります。
5.会員資格及びこれに基づいて会員に付与されるあらゆる特典は、会員の一身専属のものとし、相続されないものとします。
第12条(個人情報の利用目的)
1.当社は、会員の個人情報を、以下の目的で取得し、利用するものとします。
1)会員向けチケット販売、グッズ販売
2)会員向けポイントサービスの提供
3)会員向けサービス・商品の案内、提供、管理
4)球団のサービス・商品等に関するアンケートの実施
5)新たなサービス・商品の開発
6)各種イベント、キャンペーンの案内及び各種情報の提供
7)球団のサービス・商品提供に関する連絡
8)会員資格の自動継続に伴う年会費その他の会費の決済
9)球団のスポンサーに関するサービス・商品提供に関する連絡
10)上記1)~9)に付帯・関連する全ての業務
11)問い合わせ、依頼等への対応
2.なお、会員資格終了後も当社は会員情報を上記の目的で利用する場合があります。
3.当社は、会員等が入会の申し込みに必要な事項の記載を希望しない場合、又は本規約に定める個人情報の取扱いについて承諾できない場合は、入会を断ることや、退会の手続きをとることがあります。
第13条(業務の委託)
当社は、本会に関する業務の一部を委託し、業務委託先に対して必要な範囲で個人情報を提供することがあります。
第14条(個人情報保護法に基づいた対応について)
会員の個人情報ついて、会員自身より所定の方法にて、個人情報保護法により本人に認められている、開示、訂正、削除、追加、又は利用停止、消去のご請求をいただいた場合は、請求者が会員本人であることを確認させていただいた上で、合理的な期間及び範囲で対応をいたします。なお、開示等には所定の手数料が必要です。また、会員の個人情報については、当社の会員専用マイページ(パソコンサイト、携帯電話サイト上)でご確認いただけます。
第15条(個人情報の変更届出の必要性)
1.会員の登録した個人情報に変更が生じた場合には、本規約所定の当社問い合わせ先に届出を行う必要があります。なお、婚姻等による姓の変更等、当社が特別に承諾した場合を除き、氏名の変更はできません。
2.会員への必要事項の連絡及び特典の送付を行う場合には、会員があらかじめ本会に登録した連絡先、住所に対して行われます。連絡先、住所の変更があったにもかかわらず、前項所定の届出を行われなかったために、会員に不利益が生じても、当社は一切の責任を負いません。
第16条(当社プライバシーポリシー)
本規約に定めるほか、会員を含む当社のお客様の個人情報の取扱いについては、当社プライバシーポリシーにて定められています。当社プライバシーポリシーは当社のウェブサイトでご確認いただけます。
第17条(本規約の内容及びサービスの変更)
1.当社は、本規約及び本会のサービスの内容を、会員の了承を得ることなく、既に取得されたMポイントの価値に影響を及ぼすか否かにかかわらず、随時変更することができ、会員は予めこれを承諾するものとします。
2.本規約及びサービスの内容、並びにそれらの変更、改廃等に関する通知、その他当社が必要と認める事項に関する通知は、当社が別途定める場合を除き、当社のウェブサイトに掲載する方法によりこれを行うものとし、当社のウェブサイトに表示した時点から、その効力を生じるものとします。
第18条(有効期間)
有料会員の会員資格は、第3条の規定により入会を認められた時点から翌年1月31日までの最大1年間(当年2月1日~翌年1月31日)とします。
また、無料会員の会員資格に有効期間はありませんが、無料会員の会員証には有効期限があります。
第19条(会員資格の自動継続)
1.有料会員は、当社が別途指定する期日までに所定の自動継続入会の停止手続きをとらない限り、次年度の年会費決済が完了した時点で会員資格は次年度も継続されるものとします。有料会員資格を自動継続した場合、該当年度の会員規約およびその他利用規約を承諾したものとみなされます。以降の年度においても同様です。ただし、年会費のお支払い方法としてクレジットカード、または口座振替を設定されていない会員の方は自動継続入会の対象とはなりません。有料会員資格を継続するためには、当社が別途指定する期日までに所定の入会お手続きを行っていただく必要があります。
2.会員種別は前年度と同じ会員種別が引き継がれます。ただし、当社が指定する期日までであれば、会員の意思により会員種別を変更することができます。(前年度から制度変更がある場合は別の種別となります。)会員種別については、プレミアム・ゴールド会員はゴールド会員で継続されます。ジュニア会員は中学生以下限定のため、平成14年4月2日以降に生まれた方が対象となり、これ以前に生まれたジュニア会員の方はレギュラー会員として継続されます。
3.入会記念品は、有料会員資格を自動継続した場合、当社が指定する入会記念品が自動的に選択されます。ただし、当社が指定する期日までであれば、入会記念品を変更することができます。指定する期日以降は商品の変更は一切出来ません。
4.有料会員は、自動継続入会を申請された場合、自動継続入会の停止を申し出るまで、会員資格が自動継続されることを了承するものとします。
5.会員資格の自動継続を希望しない場合、会員専用ページにて変更が可能です。当社が指定する期日までに、マイページにて「希望しない」に変更してください。またマイページより変更できない方はマリーンズ・インフォメーション・センターに会員資格の自動継続を希望しない事を申し出る必要があります。有料会員は会員資格が終了すると無料会員に自動的に移行いたします。
6.次の場合自動継続入会できない場合があります。
1)決済処理(弊社側作業)までにクレジットカードの有効期限が切れている場合やご利用不可の場合
2)第3条3項に該当する場合
第20条(自己責任の原則)
1.会員は、本サービスの利用に関して一切の責任を負うものとし、当社に対して何等の迷惑又は損害を与えないものとします。
2.本サービスの利用に関連して、会員が第三者に対して損害を与えた場合、又は会員と第三者の間で紛争を生じた場合、当該会員は、自己の責任と費用でこれを解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。
3.会員は、他者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は当該他者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
4.当社は、本会及び本サービスの利用により発生した会員の損害一切に対し、いかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償義務から免れるものとします。
5.当社以外の第三者が、本会に関連して会員に対して提供するサービス等の利用に関連して会員が損害を受けた場合、当社はいかなる責任をも負わないものとし、一切の損害賠償義務から免れるものとします。
第21条(営業活動の禁止)
会員は、本会及び本会より提供をうけるサービス、商品、特典等を利用して、営利を目的とした行為及びその準備を目的とした行為を行ってはならないこととします。
第22条(その他の禁止事項)
会員は、次の行為を行わないものとします。
1)当社又は第三者の著作権、商標権等の知的所有権を侵害する行為、又はそのおそれがある行為
2)第三者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為又はそのおそれがある行為
3)第三者になりすまして本会に入会する行為
4)他の会員になりすましてサービスを利用する行為
5)会員証、会員番号、パスワード、入会記念品、入場券、招待券等を第三者に貸与、譲渡、担保設定する行為
6)当社又は第三者を誹謗中傷する行為
7)当社又は第三者に不利益を与える行為又はそのおそれがある行為
8)本会の運営を妨げるような行為
9)前各号の他、本規約、法令又は公序良俗に違反する行為、若しくはそれらのおそれがある行為
10)前各号の行為を第三者に行わせる行為
第23条(会費等)
1.有料会員にかかる本会の会費は、有料会員の種別に応じて別途定めるものとします。また、会費以外の利用料金の支払いを要する有料サービスを行う場合、当社は、別途その利用料金を定めて会員に対して明示します。
2.会員は、前項に定める会費等を当社の定める方法により支払うものとします。
3.当社は、理由の如何を問わず一旦納入された年会費を会員に対して返却いたしません。
4.第1項の会費等の支払いに必要な振込手数料その他の費用は、会員の負担とします。
第24条(本会の終了)
1.当社は任意に本会を終了することができるものといたします。別途定める場合を除き、本会終了時において、会員の未使用Mポイントは取り消され、未使用の特典の使用も中止されます。当社は、本会の終了にあたり、未使用のMポイントに替わる金品、代替措置、代替特典その他の提供義務、年会費その他の払い戻し義務、補償義務等を負うものではありません。
2.本会を終了する場合、その3ヵ月以前に、会員に告知いたします。
3.前1項の場合、本会及びサービスの利用により会員又は第三者が被った損害等に関し、一切の責任及び損害賠償義務を負わないものとします。
第25条(特定会員へのキャンペーン)
積算Mポイント、居住地、その他本会への参加条件の違いにより、ボーナスMポイント、特典、その他のキャンペーン特典を、特定の会員にのみ提供する場合があります。
第26条(ダイレクトメール送付等の権利)
当社は会員に対し、ダイレクトメール、eメール等でのキャンペーン資料、及びその他の宣伝用資料を送る権利を有します。会員は、当社へのお申し出によりこれらの送付を停止することができます。
第27条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法が適用されるものとします。
第28条(専属的合意管轄裁判所)
当社及び会員は、当社と会員との間で本規約、本会及びサービスの利用に関して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。
第29条(問合わせ先)
本規約についてのお問合せ、又本規約に基づく通知は、次の宛先までお願いします。
千葉ロッテマリーンズ マリーンズ・インフォメーション・センター
電話:03-5682-6329
ホームページ:http://www.marines.co.jp/team26/
メール:team26@marines.co.jp
附則
本規約は、2016年9月から施行します。