MARINES 2021 UNIFORMS
MARINES 2021 UNIFORMS
カートボタン
OUR LEGACY.OUR SIGNATURE. OUR LEGACY.OUR SIGNATURE.

千葉ロッテマリーンズの象徴、
ピンストライプユニホーム。
前身となるオリオンズの系譜を継ぎ、
誕生したのは1995年。
日本プロ野球界最長の伝統あるデザインは、
本拠地ZOZOマリンスタジアムで
深く愛されている。
敵地で着用するブラックユニホームは
2000年から続き、
強さと威厳を表した黒が相手を圧倒する。
2020年にはピンストライプを
掛け合わせたデザインを採用し、
今も新たな歴史を刻んでいる。

HOME

HOME
HOME

白と黒を基調とした、マリーンズの象徴であるピンストライプユニホーム。細かな改良を重ね、今では日本プロ野球界で最も長く着用しているデザインとなった。オリオンズ時代から続く伝統を脈々と受け継ぎながら、最新のコンセプト『PINSTRIPE PRIDE』はマリーンズの誇りを表現。チームの新たな歴史を築いていく。

VISITOR

VISITOR
VISITOR

2000年、初代ブラックユニホームが誕生した。強さと威厳を示した黒を基調に、これまで様々なデザインを着用している。6代目となる2020年からは黒にピンストライプを掛け合わせ、モノトーンの重厚なスタイルが完成した。いつの時代も、マリーンズファンとともに敵地で戦い抜く決意が込められている。

CHIBA

CHIBA
CHIBA

2012年、千葉移転20周年に生まれたCHIBAユニホーム。千葉の誇りを胸に戦う『ALL for CHIBA』の試合で着用している。2016年から採用したサンライズレッドは、千葉県公式マスコット『チーバくん』の赤と、移転当時のチームカラーであるサンライズピンクを掛け合わせ、精悍で力強い印象を表している。

PINK

PINK
PINK

2021年5月9日、母の日の本拠地開催試合を『Mother’s Day(マザーズ・デー)』と銘打った。選手たちが着用するピンクユニホームのデザインは、マリーンズの伝統である白と黒のピンストライプを残したまま、キャップ、Mロゴ、背番号、胸番号、選手名をピンクに変更。乳がん撲滅の啓発を目的として、右袖にはピンクリボンを掲出した。

DETAIL
DETAIL

レプリカユニフォーム【ネーム・背番号あり】

※中村奨吾選手はCマーク(キャプテンマーク)が付きます

OFFICIAL SUPPLIER
  • MIZUNO MIZUNO

    ユニホームサプライヤー

  • 47 47

    キャップサプライヤー

Marines
Copyright © Chiba Lotte Marines All Rights Reserved.
PAGE TOP