マリーンズ・スポーツカレッジ

千葉ロッテマリーンズでは、2013年より地元の大学生が球団運営に関わる公式インターンシッププログラム「マリーンズ・スポーツカレッジ」を実施しています。学生ならではの若い発想とエネルギーで、マリーンズを盛り上げてくれる彼らにもご注目ください。

マリーンズ・スポーツカレッジとは

マリーンズ・スポーツカレッジとは、千葉ロッテマリーンズが地域に根差したプロスポーツチームとして発展すべく、学生の皆さんに球団運営に関わっていただく場を作り、皆さんとともにスタジアムや地域における活動・サービスの拡充に取り組むインターンシッププログラムです。スポーツビジネスおよび地域活性活動を真剣に学びたい学生のために場を提供し、実務を担ってもらいながら、プロスポーツビジネス業界の将来の人材育成を行いたいと考えています。

主な活動内容

スポーツカレッジの活動は、学生が自ら組織を編成し、運営に取り組んでいます。カレッジ内にチームを作り、チームごとに試合運営(1チーム週1、2回程度)に関わりながら、既存サービスの改善や新しいファンサービスの企画立案を行います。

試合運営の改善、ファンサービスの企画立案・運営

試合運営の改善、ファンサービスの企画立案・運営

試合運営の改善、ファンサービスの企画立案・運営

ZOZOマリンスタジアムでのマリーンズホームゲーム開催日における試合運営業務、ファンサービスの企画立案・運営に取り組みます。

地域ファンサービスの企画立案・運営

地域ファンサービスの企画立案・運営

地域ファンサービスの企画立案・運営

ZOZOマリンスタジアム近隣地域を中心とした千葉県内での地域ファンサービス企画立案・運営に取り組みます。

各チーム活動紹介

Aチーム(地域振興)

Aチーム(地域振興)

私たちは、近隣地域の住民の方に対して、自分たちが企画したイベントを通じてマリーンズや野球の魅力を伝えるために活動を行なっているチームです。様々な場所の様々な方を対象とするので、とてもやりがいのあるチームです!
(前木場彩香 慶應義塾大学)

Bチーム(イースタン)

Bチーム(イースタン)

千葉県内開催の2軍戦でイベントを企画運営しています。お客様満足度向上、来場者数維持、1軍戦へ来場促進の3つのミッション達成のためチーム一丸となり活動中です。私たちが盛り上げる2軍戦にぜひお越し下さい!
(辻佳奈子 法政大学)

Cチーム(マリーンズ・キッズ・スクール)

Cチーム(マリーンズ・キッズ・スクール)

ZOZOマリンスタジアムで、野球を「みる」楽しさだけでなく、お仕事を「体験」して、普段と違う球場の楽しさを子どもたちに提供しています!マリーンズをもっと身近に、もっと好きになってもらう球場を目指します!
(多田陽祐 東洋大学)

Dチーム(少年野球チーム来場促進)

Dチーム(少年野球チーム来場促進)

千葉県内の少年野球チームを球場に招待し様々なイベントを行なっているチームです。より多くの野球少年、少女に参加してもらい、「またZOZOマリンスタジアムに行きたい!」と思ってもらえるように頑張って行きます!
(柴崎翔大 千葉商科大学)

Eチーム(学生来場促進)

Eチーム(学生来場促進)

高校生や大学生が盛り上がる企画を行います。今年のテーマは「お祭り」です。以前からファンの方も、初めて来場する方も楽しめるイベントを開催します。ぜひ友達を誘って、遊びに来てください。
(五戸凌 立正大学)

Fチーム(シニア世代の来場促進)

Fチーム(シニア世代の来場促進)

シニア世代の来場促進を目指すチームです。シニア世代のお客様にZOZOマリンでの1日を存分に楽しんで頂けるように「シニアフェスタ」を始め様々な球場企画を行いますので是非ご参加ください!
(牛嶋將之 明治大学)

Gチーム(女性来場促進)

Gチーム(女性来場促進)

女性の皆さまに「ZOZOマリンって楽しい!!」「また来たい!!」と感じていただけるようなイベントを企画しています。スーパーレディースデーに加えて、たくさんのイベントを実施しますので、ぜひご参加ください!!
(倉持郁美 神奈川大学)

2018年度マリーンズ・スポーツカレッジ募集
詳細はこちら

歴代代表

2017年度
代表:田中駿太(東洋大学)
副代表:横尾篤(帝京大学)・八木澤熙興(淑徳大学)
2016年度
代表:内田雅哉(順天堂大学)
副代表:尾ノ口眞子(慶應義塾大学)
2015年度
代表:熊川衆(東京大学)
副代表:橋本竜治(明治学院大学)・神坂未来(國學院大学)
2014年度
代表:齋藤隆太(慶應義塾大学)
副代表:藤嶋涼輔(千葉商科大学)
2013年度
代表:阿部浩平(早稲田大学大学院)
副代表:今田健斗(中央大学)