2017/10/12(木)その他

ファンの皆様へ

 今シーズンも熱い応援で選手たちを力強く後押ししていただき、本当にありがとうございました。ZOZOマリンスタジアム、そして日本各地の球場に沢山の方々にお越しいただき、どんな時もマリーンズに声援を送って頂いたにも関わらず、皆様の期待を裏切る結果となってしまいましたことを心よりお詫び申し上げます。

 シーズン序盤から敗戦が続き、球団史上ワーストを更新する最多の負け数で2011年以来の最下位。このような不甲斐ない成績にも関わらず、皆様には、どのような状況でも、どんなに劣勢な試合でもマリーンズの勝利を信じて、応援をしていただきました。天候に恵まれなかった日もありました。一方的な敗戦もありました。それでもスタンドを見渡すと声を枯らしながら応援をして下さる姿がありました。皆様のマリーンズ愛を改めて認識し、感謝の気持ちと共に勝利でお応えすることが出来なかったことを大変心苦しく、申し訳なく思っております。

 イベント企画などのファンサービスも皆様に楽しんでいただけるよう強化に努めて参りました。まだまだ至らぬ点も多く改善すべきことがある中で、笑顔でご来場して、楽しんで帰ってもらえるような球場の雰囲気作りを目指し、これからも色々な事に挑戦し、取り組んでいきたいと思っております。チーム作りと同様にこちらもより良いものを作り上げ、喜んでもらえるサービスを提供できますよう努力して参ります。

 すでに千葉ロッテマリーンズは来シーズンの開幕に向け、新たなスタートを切っています。今年の反省と悔しさを胸に刻みながら、強く魅力的なチームを作り上げるべく、新監督と生まれ変わったチームで2018年シーズンに向け、全力で挑みます。来たるべきシーズンがファンの皆様の心を揺さぶるような素晴らしい一年になりますよう、新監督と一緒にチーム再建に取り組んで参ります。

 ファン、チーム、球団が一体となって突き進み、勝利の瞬間に喜びを分かち合える。それは12球団でも千葉ロッテマリーンズが一番だと自負しております。これからもファンの皆様と一つとなり日本一に向って邁進して参りたいと存じます。新監督が引退試合でも述べていましたが我が千葉ロッテマリーンズはこんな順位にいるチームではありません。日本一強く、そして日本一魅力ある球団であるべく全身全霊、励んで参ります。是非、2018年シーズンをご期待頂くと共に、これからも千葉ロッテマリーンズへの変わらぬご声援の程、宜しくお願い申し上げます。

千葉ロッテマリーンズ
取締役社長
山室晋也

その他一覧へもどる ニュース一覧へもどる