2018/02/03(土)チーム

2018春季キャンプ2月3日リポート

アピール続く、連日のシート打撃

石垣春季キャンプ第1クール3日目。全体練習の1時間前には多くの選手が準備を始め、午後はメイングラウンドで連日のシート打撃を実施しました。

カウント1ボール1ストライクから、5投手が10分間×2セットを投球。前日は合計18安打が飛び出しましたが、この日は投手陣がテンポ良く打ち取るシーンも目立ちました。
様々な試合状況を想定するため、次の塁を狙う積極果敢な走塁姿勢もチーム全体を通して見受けられます。

本日の結果は、松永投手が打者11人に対して1安打1四球3奪三振。益田投手は13人に1安打無四球2奪三振。両投手の降板直後から雨風が強くなりましたが、藤岡投手は13人に無安打3四球4奪三振。西野投手は13人に5安打1四球3奪三振。阿部投手は12人に3安打2四球2奪三振の投球でした。
昨日、野手はルーキーの藤岡裕選手が本塁打含む2安打でアピールしましたが、この日は同じルーキーの菅野選手が右中間を破る二塁打含む2安打を記録。昨日も二塁打を放っている菅野選手は、2日連続で長打力を発揮しました。

また、シートノックとシート打撃に加えて、野手にはベースランニングが新たに課せられ、キャンプ初日から活気付いているブルペンでは、宮崎投手・有吉投手・関谷投手・高野投手・南投手・東條投手が全レーンを埋めて迫力満点の投げ込みを披露。全体練習後の室内練習場にはバットを振り続ける鋭い打球音が響き、その隣では田村選手がじっくりと特守。
明日以降に向けた練習が所狭しと繰り広げられました。

チーム全体がひとつの方向を見据え、序盤から各自の課題が明確になっていく今年のキャンプ。スピード感ある濃密な時間が流れています。

公式モバイルサイト 2月3日キャンプ関連配信予定コンテンツ

  • 練習メニュー
  • デイリーリポート
  • キャンプこぼれ話
  • 広報カメラ (YouTubeにて配信)
  • コンテンツによって配信時間は前後する場合がございます。ご了承ください。

2018春季キャンプ特集

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる