2018/11/04(日)チーム

2018秋季キャンプ11月4日リポート

鴨川秋季キャンプ第1クール5日目

大盛況のイベントもあり、第1クールが終了

秋季キャンプは第1クール最終日を迎えました。
連日のシート打撃を実施し、この日は土肥投手・岩下投手・東條投手・種市投手が打者6人と対戦。高野投手と島投手は3人と対戦しました。

打席に立ったのは加藤選手・平沢選手・田村選手・井上選手・和田選手。

途中で何度かシート変更が行われた守備は、キャッチャーが宗接選手と吉田選手、ファーストは香月一選手、セカンドは三木選手、サードは安田選手、ショートは藤岡裕選手、外野は菅野選手と岡選手が就き、前日同様に空いたポジションにスタッフが入りました。

一部守備をスタッフが務めたため正式な記録ではありませんが、井上選手が3安打を放ち、平沢選手も長打力を発揮。また、積極的な声掛けが目立ったのは途中からマスクを被った吉田選手でした。全体を見渡して「もっと元気出していこう!」という声から始まり、仲間のミスがあった直後には「切り替えていこう!」、若い種市投手の登板前には「気持ち出して来いよ!」と頼もしい言葉も。
キャンプ序盤から実戦練習を続け、第1クールの5日間を終えています。

そして、午後から本格的に雨が降り出すも、練習後はマリーンズファンの皆さんとの交流イベントを開催!
サイン会には井上選手や石川投手ら14選手が参加し、まだまだ続くキャンプの日々の活力になる言葉を直接もらう場面が数多くありました。一方の写真撮影会は田村選手や藤岡裕選手ら8選手が参加。様々なリクエストに応えながら笑顔の撮影が続き、藤岡裕選手と三木選手のレーンの撮影中に、田村選手と島選手が飛び入り参加するラッキーな方もいらっしゃいました!
サイン会・写真撮影会前後の選手たちのオフショットは、公式ブログでもお届けしています!

公式ブログで秋季キャンプこぼれ話を公開中!

公式モバイルサイト 11月4日キャンプ関連配信予定コンテンツ

  • デイリーリポート
  • キャンプブログ
  • キャンプ特別待受け
  • コンテンツによって配信時間は前後する場合がございます。ご了承ください。

2018秋季キャンプ特集

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる