2010/03/27(土)第2回戦

千葉ロッテ vs 北海道日本ハム

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  北海道日本ハムファイターズ 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3 8 1
  千葉ロッテマリーンズ 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0 0 0 3 13 0

14:00試合開始|千葉マリン
第2回戦 1勝0敗1分|晴れ 14℃|観客数:27,031人

vs 北海道日本ハム 第2回戦

昨日の大勝の流れをそのままに、連勝を更に伸ばしたい今日の試合。立ちはだかる敵のエース・ダルビッシュに対峙する先発マウンドには、渡辺俊が上がります。

打線は初回、好調の2番・荻野貴が快足を生かした内野安打で出塁すると、安打と四球で1死満塁としますが、後続が連続三振に倒れ、先制の好機を逃してしまいます。

しかし、開幕2戦目で好投を見せた渡辺俊が、風を味方につけて今日も快投を披露します。初回、2回といずれも緩急の効いた見事な投球で凡打の山を築き上げます。

するとこのリズムに乗り、打線も渡辺俊を援護。3回、先頭の荻野貴が安打で出塁すると、その後二盗、三盗と見事に決め、自慢の快足で好機を広げます。ここで4番・金泰均が中堅へ犠飛を放ち、1点を先制します。

リードを守りたい渡辺俊でしたが、先制直後の4回に紺田に1号ソロを許し、同点とされてしまいます。続く稲葉にも安打を打たれますが、後続をしっかりと断ち切り更なる失点を許しません。

しかし、5回、先頭の坪井に安打を打たれ2塁への進塁を許すと、加藤政に適時二塁打を放たれ試合をひっくり返されてしまいます。その後、紺田にも適時打を許し、点差を広げられる苦しい展開に。

何とか試合を引っくり返したい打線は、好機こそ作るものの得点に結びつけられないまま最終回を迎えます。しかし、勝利を諦めない粘り強い試合運びが、最終回に実を結びます。最終回のマウンドに上がった敵の守護神・武田久から西岡が安打で出塁すると、続く荻野貴への初球を鶴岡が後逸し、西岡が2塁へ進塁します。荻野貴はすかさずセーフティーバントを決め、さらに好機を演出。その後、3番・井口が死球で出塁すると、打席に入るのは金泰均。声援が高まる中、逆転への期待を乗せた打球は中堅への適時打となり、2者が生還して土壇場で同点に追いつきます。

試合は延長戦へと突入し、4番手・薮田、5番手・マーフィーは素晴らしい継投を見せ、相手打線に付け入る隙を与えず勝利の望みを断ちます。

最後の逆転劇を信じて臨んだ12回、1死から飯山の失策でサヨナラの走者を出しますが、7番・今岡が併殺に取られて試合終了を迎えました。

惜しくも勝利を手にする事は出来ませんでしたが、敗色を予感させた展開から最終回に試合を振り出しに戻した粘りは明日の試合に良い影響を与えるはずです。明日こそ勝利を収め、今カードも勝ち越しを狙いましょう!

vs 北海道日本ハム 第2回戦

「よく追い付いてくれた。収穫のある試合だった。みんな諦めずに最後まで選手全員で戦ってくれた。

9回はテギュンが良く打ってくれた。良い仕事をしてくれた。

荻野貴は本当に素晴らしい足をしている。盗塁も素晴らしいが、9回あの場面でのバントも完璧。新人らしかぬプレーを見せてくれている。

投げる方では薮田が2イニングしっかり抑えてくれた。チームにとって大きかった。

マーフィーも良かった。カーブがキレていた。

勝つ事は出来なかった良い試合は出来た。また明日、頑張るよ。

明日の先発は小野晋吾だよ」