2010/03/30(火)第1回戦

千葉ロッテ vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 7 2
  千葉ロッテマリーンズ 1 0 0 0 0 2 2 1 X 6 10 0

18:15試合開始|千葉マリン
第1回戦 1勝0敗0分|晴れ 7℃|観客数:11,328人

vs東北楽天 第1回戦

ファイターズとの本拠地開幕3連戦を2勝1分けで勝ち越しに成功。引き分けを挟んで4連勝中のマリーンズは、イーグルスとの今季初対決を迎えました。

マリーンズの先発・唐川は、初回は1死から渡辺直に安打を許しますが、テンポの良い投球で後続を断ち、無失点の立ち上がりを見せます。

するとその裏、イーグルス先発・永井に対し、打線が機動力を発揮。1番・西岡が右前安打で出塁し、2番・荻野貴も自慢の快足を生かした内野安打で続くと、3番・井口のライトへの深い飛球の間に2者ともに進塁。さらに続く金泰均の打ち上げた打球は中堅手・聖澤への浅い飛球となりますが、西岡が俊足を飛ばしてホームを踏み、1対0。マリーンズが誇る新・1,2番コンビの活躍で1点を先制します。

援護をもらった唐川は、走者こそ出すものの要所を締める見事な投球。5回には草野に二塁打を許し、この試合初めて得点圏に走者を背負いますが、相手の走塁ミスも絡んで反撃を許しません。

永井の前に2回以降得点を奪えず、投手戦となった試合が再び動いたのは6回でした。安打と四球で1死1,2塁とすると、5番・大松が左中間へきれいに弾き返す2点適時二塁打を放ち、3対0とイーグルスを突き放します。

続く7回は相手の失策などで2死3塁とし、荻野貴の今日猛打賞となる左前適時打で1点を追加して4対0。さらに、井口も左中間への適時二塁打を放って5対0。連打で試合の大勢を決めます。

追加点をプレゼントされた唐川はその後も球の伸び、切れ、テンポと、いずれも文句の付けどころがない見事な投球を続け、イーグルス打線に付け入る隙を与えません。

8回裏に相手の失策も絡んで1点を加えて6対0とし、万全の状態で唐川は最終回のマウンドへ上がりましたが、内野安打と2つの四死球などで1死満塁とされると、中村紀に中前へ抜ける適時打を許し、6対1。2試合連続完投を前に無念の降板となります。

しかし、後続は今季初登板となった2番手・小林宏がピシャリと締め、そのまま試合終了。引き分けを挟んで5連勝を決めました。

8回1/3、126球、被安打7、奪三振9、与四死球3、失点1の好投を見せた唐川が今季2勝目。好救援の小林宏にはプロ入り初セーブが記録されました。

満月が見守る中、新監督同士の今季初対決を制したマリーンズ。この勢いをさらに加速させ、一気にカード勝ち越しを決めたいところです!

唐川投手,小林宏投手

8回1失点の投球で2連勝となった唐川
今季初セーブを挙げた小林宏はファンとハイタッチ
イーグルス打線を最少失点に抑えた唐川と小林宏

-今日のヒーローは唐川投手と小林宏投手です。
まず唐川投手です。9回は完封意識しましたか?

(唐川)はい。完封するつもりで上がったんですけど。

-8回までは寒い中、素晴らしいピッチングでした。今日はどんなことに気をつけてマウンドに上がりました?

(唐川)ここのとこ調子自体は悪くなかったので、しっかり1人1人という意識で臨みました。

-今日は三振が多くフライアウトも多かった。ゴロが少なかったのですが、どんな球が1番良かったのですか?

(唐川)最初変化球は駄目だったので、真っ直ぐでカウントを整えて投げれたので、そこは良かったかなと思います。

-里崎捕手とのコンビネーションも良かったでしょう?

(唐川)里崎さんのリードにしっかり着いていこうっていう。毎回そうなんですけど、それだけです。

-3年目のシーズン2連勝ですが手応えはどうですか?

(唐川)チームの勝利に貢献できたのは良いんですけど、今日の最後とか、そういった所がまだまだだなというとこです。

-今シーズンの守護神の投球はどんな気持ちで見てましたか?

(唐川)本当に頼もしい抑えの投手なので、自分が悪い形で渡したのですけど絶対に抑えてくれると信じて見てました。

-チームのムードも非常に良いのでは?

(唐川)チームの雰囲気はいいです。だから最終回をしっかり抑えられなかったのが悔しいです。

-完封は次の機会ということで。

(唐川)はい。頑張ります。

-続いて初セーブ。小林宏投手に伺います。
今シーズンの最初のマウンド上がって終わりました。どんな気持ちですか?

(小林宏)開幕から遅れてチームにも迷惑を掛けたので、侑己(唐川)が残したランナーなのでなんとか0に抑えて試合を終わらせたかったので、凄い良かったと思います。

-肘のこともあって今日が開幕ということになりましたけど、どんな思いでチームの好調さを見ていましたか?

(小林宏)チームが調子良くて、僕が入って負け出したら凄い嫌だったので、今日は良いピッチングが出来て凄い良かったと思います。

-1球1球投げてみて、マウンドが終わっての手応えはいかがですか?

(小林宏)結果0に抑えられたので良かったと思います。

-小林宏投手を待っていたファンも多いと思います。寒い中応援してくれたファンは改めてどう映っていますか?

(小林宏)こんな寒い中たくさん応援に来てくれて選手達も嬉しく思っていますし、明日も良いプレーをたくさん見せて勝ちたいと思います。

-今シーズンのこれからに向けての意気込みをお願いします。

(小林宏)今日はありがとうございました。今年は抑えという形でなんとかチームのために頑張りたいと思うので、また明日も応援よろしくお願いします。

vs東北楽天 第1回戦

「唐川は完封してくれるかと思った。本人と話したが、最後は慎重に行き過ぎてしまった。若さが出たね。しかし、8回まで素晴らしい投球内容で、チームを勝利に導いてくれた。

最後は小林宏之しか考えていなかった。信頼してマウンドに送ったよ。今シーズン初登板が満塁で厳しい場面だったが、良く抑えてくれた。

攻撃は今までとおり全員が頑張ってくれた。みんな良く振れている。西岡は気持ちがしっかりしている。1,2番が出塁すると、バッテリーが足を警戒して配球が乱れるね。良い攻撃が出来ている。

今はいい戦いが出来ているね。これで5連勝だが、とにかく一戦一戦ベストを尽くすだけ。

明日もベストを尽くしいい戦いをしたい。明日の先発は大嶺祐太だよ」