2010/04/01(木)第3回戦

千葉ロッテ vs 楽天イーグルス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  東北楽天ゴールデンイーグルス 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2 9 0
  千葉ロッテマリーンズ 0 0 0 3 0 0 0 0 X 3 5 0

18:15試合開始|千葉マリン
第3回戦 2勝1敗0分|曇り 16.7℃|観客数:13,816人

vs東北楽天 第3回戦

前日はイーグルス打線に打ち込まれ、連勝が5でストップしたマリーンズ。選手たちが今季から一新したビジターユニフォームを身にまとう「ブラックブラックナイト」となった今日の試合は、ライトスタンドも黒一色に染まる中、移籍後初登板となった川越がマウンドに向かいました。

その川越でしたが初回、2死から高須に二塁打で出塁を許すと、続く山崎武に右前へ運ばれる適時打を浴びてしまい、0対1。さらに3回には、1死2,3塁からフィリップスに犠飛を打たれ、0対2とリードを許す展開となります。

しかし逆境から追い上げていくのが今年のマリーンズ。3回までイーグルス先発・ラズナーに対し1安打と抑えられましたが迎えた4回、制球の定まらないラズナーからこの回先頭の3番・井口、5番・大松が四球を選び1死1,2塁とすると、6番・サブローの右前適時打、7番・福浦の中犠飛、8番・里崎の右中間を破る適時二塁打と、下位打線が奮起し一気に3点を奪い、逆転に成功します。

試合をひっくり返してもらった川越は、その後も走者こそ出すものの決定打を許さぬベテランらしい落ち着いた投球を披露。5回まで投げきり87球、被安打7、奪三振5、与四死球0、失点2という内容でマウンドを救援陣に託します。

その後、打線はイーグルスの継投の前に追加点を奪えずにいましたが、マリーンズも伊藤、マーフィー、薮田と継投でイーグルスの追撃を見事にかわしていき、最後は新守護神・小林宏が登板。2つの四死球などで2死2,3塁と一打逆転のピンチを迎えましたが、最後は鉄平を見逃し三振に仕留めて試合終了。3対2で勝ち41年ぶりとなる開幕から3カード連続勝ち越しを決め、今季初の「ブラックブラックナイト」で勝利を収めました。

川越はバファローズ時代の2008年以来、2年ぶりの白星となる移籍後初勝利。打線も強い風を味方につけて相手の制球難を突き、最少リードで接戦をものにすることができました。

4月最初のゲームに勝ち、幸先良いスタートを切ったマリーンズ。明日からは敵地・京セラドームに乗り込み首位・バファローズとの3連戦に臨みます。成瀬が先発する明日の試合も勝利してゲーム差を縮め、今季初の首位に向け勢いづいていきましょう!

川越投手

マリーンズの一員となって初のお立ち台でファンの声援に応える川越投手
ウィニングボールをがっちり握る川越投手
川越投手はキャラクターたちと喜びを分かち合う!

-今日のヒーローは移籍後初先発初勝利の川越投手です。おめでとうございます

(川越)ありがとうございます

-色々な思いを乗り越えての今日のマウンドだと思いますが、移籍後初マウンドで初勝利。まず今のお気持ちを聞かせてください。

(川越)最高に嬉しいです。

-今日は本当に強い風との戦いだったと思いますが実際投げてみていかがでした?

(川越)5回しか投げれなくてすいません。

-風の影響などはどうでした?

(川越)そういうことよりもチームの皆が勝たしてくれるっていうのが伝わりましたし、なにより寒い中応援してくれたファンの皆さん本当にありがとうございます。

-初めてロッテファンの応援を受けた気持ちは?

(川越)最高です。去年までは敵で、すごい羨ましい応援だなと思っていつも投げてたんですけど、今年は本当に心強い味方で最高です。

-5回2失点という成績に関しては?

(川越)本当はもう少し投げないといけなかったんですけど、次は1イニング1イニング、もうちょっと長く投げて勝利に貢献していきたいと思います。

-マリンスタジアムでの初めてのお立ち台。ファンの皆さんに一言お願いします。

(川越)本当にありがとうございました。去年戦力外通告を受けて野球が出来るか分からない時にマリーンズに拾ってもらう形になりまして、本当にこのチームに恩返しをしたいで気持ちで投げますので今年1年間応援よろしくお願いします。

-見事な移籍後初勝利。川越投手でした。

vs東北楽天 第3回戦

「41年ぶりの3カード勝ち越しらしいけど自分には関係ない。とにかく、自分は今年頑張るだけ。まだ、一回りしていない。最後までいい形で戦ってくれたらいいね。

みんなで一つになって試合が出来た。最後はみんなしんどかったが、小林宏之が締めくくってくれた。6回、7回を伊藤、マーフィーが繋いでくれたのが大きい。小林宏、薮田に繋ぐ形が出来た。

昨年まで中盤で失敗していたが、今年はなんとかしっかりとした形を確立したい。本当に今日はリリーフ陣の好投が大きかった。
先発の川越も5回2失点と上出来だった。本当ならもう少し投げてもらいたかったが、初登板でこの強風を考えたらナイスピッチングだね。チームにとっても彼の存在はプラス。

攻撃は4回に繋いで一気に逆転してくれた。里崎はベンチでも声を出し、チームを引っ張ってくれていた。彼のバットが試合を決めてくれた。守りでも体を張って投手をリードしてくれている。

チャンスでみんなが集中して1点ずつ取ってくれている。一つの和になっている。

明日からはオリックスと試合だが、今まで通りの戦いをしたい。明日の先発は成瀬善久だよ」