2010/05/13(木)第2回戦

横浜 vs 千葉ロッテ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  千葉ロッテマリーンズ 1 0 0 1 1 4 2 4 1 14 19 0
  横浜 0 1 2 0 1 0 1 0 1 6 11 0

18:00試合開始|横浜
第2回戦 2勝0敗0分|晴れ 16℃|観客数:14,490人

vs横浜 第2回戦

緊張感溢れる投手戦を制し、交流戦を順調に滑り出したマリーンズ。先発マウンドには横浜スタジアム初登板となる唐川を送り、4年ぶりの交流戦優勝に弾みをつけるべく連勝を目指します。

初回、ベイスターズ先発・大家に対し、2番・荻野貴と3番・井口の連打で好機を作ると、内野ゴロの間に荻野貴が先制のホームを踏み、幸先良く1対0と先制に成功します。

一方の唐川は初回を無失点に抑える上々の立ち上がりを見せます。しかし2回、先頭のスレッジに安打を打たれると、続くカスティーヨに適時打を許して1対1。同点に追いつかれます。

唐川は、2回に武山の打球を処理した際にボールを右手に当ててしまい、不運の降板。3回から後を受けた2番手・大谷は、2死から安打と四球で走者を背負うと、村田に適時打を放たれ1対2。続くスレッジにも適時打を浴びて1対3と勝ち越しを許します。

粘り強く反撃したい打線は4回、5番・大松と6番・サブローの連打で1,3塁とすると7番・今江の犠飛で1点を返し、2対3。5回には、2死から荻野貴が出塁して22個目の盗塁を決めチャンスメイクすると、井口の適時打で生還し3対3の同点に追いつきます。

しかしその裏、3番手・秋親が安打と四球などで1死1,3塁のピンチを招くと、村田に犠飛を打たれ1点を献上し3対4。再びリードを奪われます。

直後の6回、再び流れを取り戻すべく打線が爆発します。2本の安打と四球で満塁とすると、代打・福浦が放った右翼席に飛び込む大飛球はファールの判定。しかし、ビデオ判定が検討されると判定が覆り、値千金の代打逆転3号満塁本塁打。2004年以来自身2本目となる満塁弾で7対4と逆転に成功します。

波に乗った打線の勢いは止まりません。7回に井口と代打・神戸が安打で好機を作るとサブローの内野ゴロの間に1点を追加し8対4。さらに今江の適時打が飛び出し9対4。一気に点差を広げます。

救援陣が終盤に失点を喫しますが、8回に代打・根元が今季1号ソロ本塁打を放ち1点を追加。さらに金泰均が10号3点本塁打を右翼席に叩き込み13対5。最終回にも西岡の4号ソロ本塁打が飛び出し、終わってみれば19安打14得点。今季最多得点を記録して14対6と大勝し、貯金を2ケタ10に乗せて再び首位浮上。秋親に04年以来となるプロ復帰後初勝利が記録されました。

両チーム合計30安打の乱打戦を制した打線は、今季の勢いを象徴していました。次戦も敵地に乗り込んでの対戦となりますが、この勢いのままセ・リーグの首位・ジャイアンツを圧倒しましょう!

秋親投手,福浦選手

-まずは秋親投手、実に5年8カ月ぶりの勝ち星。おめでとうございます。

(秋親)ありがとうございます。

-どんなお気持ちですか?

(秋親)本当に嬉しいの一言です。

-単なる1勝ではなく、この間には色々な苦労を乗り越えて秋親投手はここに辿り着いたと思うのですが。

(秋親)色々ありましたけど、今野球をやっているので本当に幸せだと思います。

-以前のようなキレのあるボールをここ最近も投げてますよね?

(秋親)もっと良い球を投げていきたいなと思います。

-ウイニングボール、どうされますか?

(秋親)大事に飾っておきたいなと思います。

-坦々とお答え下さいましたが、恐らく胸の中では相当なものがあると思いますが。

(秋親)無失点で後のピッチャーに引きつげればなおさら良かったんですけど1点取られたので、野手の皆さんに感謝ですね。

-次に向けてどんな目標をお持ちですか?

(秋親)一人一人バッターを確実に打ち取っていきたいなと思います。

-移籍後初勝利、本当におめでとうございました。
続いて、その秋親投手の1勝をもたらしたのは福浦和也選手です。おめでとうございます!!

(福浦)ありがとうございます。

-素晴らしい満塁ホームランでしたが、まずは打った手応えを聞かせてください。

(福浦)犠牲フライでも良いと思って打席に立ったんですけど、まさかホームランを打てるとは思いませんでした。

-最初はファールと判定されまして、ビデオ判定もおそらく初めての経験だと思いますが、どんな気持ちで判定を待っていたのでしょうか?

(福浦)本当に自分でも(ポールを)巻いたと思ったんですけど、ファールという判定で内心ホームランになってもらえればなと思っていました。

-チームにとってもご自身にとっても価値あるホームランとなりましたね?

(福浦)本当に良かったです。

-今年はDH、交流戦では代打のケースも多くなると思うのですが、代打でこういった価値あるバッティングができたというのはどうですか?

(福浦)今日は満塁というチャンスで、代打に立たせていただいて何とか結果が残せて良かったです。

-快勝の2連勝で明後日からはセ・リーグの首位・巨人との対決です。

(福浦)チームの状態がいいので、何とか勝てるようにがんばっていきたいなと思います。

-ファンの皆さんに改めて一言お願いします。

(福浦)本当にありがとうございました。これからも勝ち続けられるようにがんばりたいと思いますので、応援よろしくお願いします。

-おめでとうございました。秋親投手、そして福浦和也選手でした!!

vs横浜 第2回戦

「今日は急遽登板した投手が踏ん張ってくれた。

最少失点で抑えてくれたらうちの打線なら何とかしてくれると思っていた。

一番は福浦。素晴らしいバッティング。本当にチームにとって大きなホームラン。
ビデオ判定になったが、ファーストコーチャー、本人がホームランといっていたから信じていたよ。
ファールとホームランではえらい違いだよ。

神戸、根元の代打陣もいいバッティングを見せてくれた。しっかり、準備をして打席に入っている結果。嬉しいよ。

早坂も守備で素晴らしいプレーを見せてくれた。

秋親は6年ぶりの勝利。一度戦力外になった選手が必死に頑張っている姿は、チームにとっても活性化に繋がる。
本当にいい投球でチームに勝利を導いてくれた。

唐川のアクシデントをみんなでカバーできたね。
みんなで戦う、うちの野球が出来たね。
交流戦をいいスタートが切れた。

明日はマリンで練習して、明後日からのジャイアンツ戦にそなえる」