2010/06/10(木)第4回戦

千葉ロッテ vs 広島

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  広島東洋カープ 0 0 0 3 1 0 1 0 2 0 0 5 12 16 0
  千葉ロッテマリーンズ 0 1 1 0 1 0 0 4 0 0 0 0 7 16 1

18:15試合開始|千葉マリン
第4回戦 1勝2敗1分|晴れ 24℃|観客数:23,139人

vs広島 第4回戦

前夜の試合は9回2死から大松の同点適時二塁打で追いつき、敗色濃厚の試合を引き分けに持ち込んだマリーンズ。交流戦ホーム不敗神話を続け、交流戦制覇の望みをつなぐべく、先発のマウンドに約2か月ぶりの今季3勝目を狙う大嶺を送り込みます。

その大嶺は初回、1死から制球が定まらず3つの四死球で満塁のピンチを迎えますが、廣瀬を併殺打に仕留め無失点で切り抜けます。

すると2回、今季初スタメンの7番・青野が四球で出塁後、犠打と安打で1死1,3塁とすると、1番・西岡が中犠飛を放ち、先制に成功します。

さらに3回には4番・金泰均、5番・大松の連打でチャンスを作り1死1,2塁とし、6番・サブローが右前に適時打を放って2対0。追加点を挙げます。

援護を受けた大嶺は要所を締める落ち着いた投球で2回、3回と無失点で切り抜けましたが、4回2死から天谷、石井に連打を浴びると、石原に6号3点本塁打を浴び、2対3と逆転されてしまいます。

さらに5回、先頭の梵に安打を許し、盗塁と失策で3塁まで進まれると、嶋に右翼線を破る適時二塁打を浴び、2対4とリードを広げられます。

反撃したい打線はその裏、1死から金泰均が左中間席に飛び込む16号ソロ本塁打を放ち3対4。1点差に迫りますが、7回、前の回から登板の3番手・古谷が2死から嶋に2号ソロ本塁打を浴び3対5。再び2点差となります。

しかしホーム・千葉マリンで驚異的な強さを見せるマリーンズは8回、代打・根元と西岡の連打などで1死2,3塁とし、3番・井口の三塁手強襲の適時内野安打で4対5。さらに大松の内野ゴロの間に1点を挙げて同点に追いつくと、2死2,3塁からサブローが右中間へ2点適時二塁打を放ち、7対5。土壇場の集中打で逆転に成功します。

このまま逃げ切りたいところでしたが、9回表に守護神・小林宏が2死2,3塁から、代打・前田智に右越2点適時二塁打を浴びて7対7。同点とされ、試合は2試合連続の延長戦へ突入します。

延長に入ると10回は薮田、11回は伊藤がそれぞれ気迫のこもった投球でカープに勝ち越し点を与えず。しかし打線も、10回に井口の猛打賞となる安打を皮切りに1死1,2塁とするもサヨナラのホームを踏めません。

しかし最終12回、8番手・川越が1死満塁のピンチを招くと、天谷に勝ち越し適時打を許して7対8。なおも満塁から石井に走者一掃の適時三塁打と石原のスクイズで追加点を奪われ、7対12。大きくリードを許してしまうと、その裏も反撃を見せることは出来ず、試合終了。今季両リーグ最長、5時間18分に及ぶ総力戦を惜しくも落とし、10戦目にしてついに交流戦ホーム初黒星を喫しました。

約1ヶ月に及んだセ・パ交流戦も明後日からのタイガース2連戦が最終カード。交流戦優勝を争う上でも痛い敗戦となりましたが、残り2試合、再び千葉マリンでの強さを見せつけ、交流戦制覇へ突き進みたいところです。

vs広島 第4回戦

「6,7回の満塁のチャンスであと一本出ていればね。8回もあと一点取りたかった。

今までが全て上手くいき過ぎていた。小林宏は責められない。ここまで良くやってくれている。こういう試合もある。

負けは全て悔しい。交流戦の優勝はまだ臨みはあるが、全てはシーズン。シーズン優勝だよ。

交流戦も残り2試合。全力で戦うだけ」