2010/07/03(土)第11回戦

千葉ロッテ vs 埼玉西武

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  埼玉西武ライオンズ 0 1 1 0 4 1 0 0 0 7 8 1
  千葉ロッテマリーンズ 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 12 0

14:00試合開始|千葉マリン
第11回戦 6勝5敗0分|曇り 27.5℃|観客数:22,718人

vs埼玉西武 第11回戦

首位攻防戦の初戦を制し、連勝街道に足を踏み入れたマリーンズ。今日の先発マウンドにはマーフィーを送り、勢いに乗って首位奪還を目指します。

初回、マーフィーは走者を出しても落ち着いた投球で後続を無失点に抑え、上々の立ち上がりを見せます。

その直後、マーフィーを援護したい打線は、2死から3番・井口が四球を選び、4番・金泰均が安打で続きましたが、先制点につなげることは出来ません。

すると2回、マーフィーは先頭の高山に四球を許し、平尾に安打を打たれて得点圏に走者を置くと、佐藤に犠飛を打たれて先制点を奪われます。

続く3回にも、マーフィーは安打で出塁させた片岡を暴投で3塁へ進めてピンチを招くと、中島に犠飛を打たれて0対2。リードを広げられます。

打線は粘りの投球を続けるマーフィーを援護したいところでしたが、走者こそ出すものの帆足を打ち崩すには至りません。

すると5回、マーフィーは2死から中島、ブラウン、平尾に3本の本塁打を打たれてしまい、この回4失点。中盤に入り、0対6と大きく突き放される展開になります。

逆転勝利を目指したい打線は、その直後、1死から9番・岡田と1番・西岡の連打で好機を演出すると、「この回のチャンスで絶対に無得点で終わってはいけないと思っていた」という井口の適時打が飛び出して1点を返し1対6。振り切られまいと、必死に食らいつきます。

しかし、6回からマウンドに上がった2番手・秋親は、四死球を重ねて2死満塁という大きなピンチを招くと、暴投から1点を献上して1対7。再び点差を広げられます。

逆転勝利に望みをつなげるべく、7回を3番手・橋本健が、8回を4番手・相原がそれぞれ好リリーフを見せて相手打線を無失点に封じます。

意地を見せたい打線は8回、1死から井口が四球を選び、金泰均が2試合連続猛打賞となる安打でチャンスを作ります。すると、続く5番・大松が適時打を放ち2対7。なおも2死満塁とし、打席に入った8番・的場はファールで粘って食らいつきますが、敵の2番手・長田に打ち取られてしまいます。

9回には5番手・吉見がマウンドに上がり、落ち着いた投球で相手の攻撃を退けて最終回での大逆転を目指します。しかし、相手の3番手・藤田に無失点に封じられ、試合終了を迎えてしまいました。

今日の試合で一気に首位奪還を狙いましたが、持ち越しとなってしまいました。しかし、2ケタ安打を放った打線の勢いは健在です。明日の試合では相手投手陣を打ち崩し、勝利をつかみましょう!

vs 埼玉西武 第11回戦

「先発のマーフィーは5回から力みがあったように見えた。いつもの腕の振りが無かったかな。腕を振らないとボール球にも手を出してくれない。

5回のダブルプレーの後の失点が痛かった。打線はライオンズより打っていたが得点に繋がらなかった。繋がりだけの問題。

明日の試合だよ。明日を何とかモノにして勝ち越したいね。明日の先発は小野晋吾だよ」