2021/05/12(水)チーム

マーティン選手が2021年3、4月度「大樹生命月間MVP賞」受賞

2021年3、4月度の「大樹生命月間MVP賞」が発表され、パ・リーグ打者部門でレオネス・マーティン選手が受賞しましたので、お知らせします。

レオネス・マーティン選手(初受賞)

マーティン選手

マーティン選手コメント

「率直にすごく嬉しいです。数字を残してチームの勝利に貢献できていることが一番嬉しいですし、初受賞というのも嬉しいです。一日一日集中してできているのが、結果につながっているのかなと思います。」

3、4月度成績

31試合 打率.271 32安打 10本塁打 24打点 1盗塁

マーティン選手は3、4月度チームの全31試合に先発出場し、リーグトップの本塁打、長打率(.576)、得点圏打率(.458)の成績を収めた。

開幕戦3月26日(金)・福岡ソフトバンク戦で今季1号本塁打を放つと、その後も本塁打を量産し、4月29日(木・祝)・埼玉西武戦でリーグ最速の10号本塁打を記録。また、3、4月度は7本の殊勲打を放ち、その中でも先制打を放った4試合(うち3本が本塁打)は全て勝利しチームに勢いを与える活躍を見せた。マーティン選手持ち前の長打力とリーグトップの得点圏打率に裏打ちされる勝負強さが、開幕で連敗を喫したチームを3、4月度勝ち越し上位に浮上させる大きな原動力となった。

来日3年目で初の月間MVP受賞。

マーティン選手プロフィールはこちら

HEADLINE

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる