2022/03/29(火)その他

新京成電鉄ラッピング電車「2022年マリーンズ号」が運行開始

新京成電鉄(本社:千葉県鎌ケ谷市)で千葉ロッテマリーンズに装飾されたラッピング電車「2022年マリーンズ号」が3月28日(月)から10月末頃まで運行開始されました。

「マリーンズ号」は2013年から始まった企画であり、今年が10年目の運行です。「2022年マリーンズ号」の装飾はチームスローガン「頂点を、つかむ。」をテーマとして、井口資仁監督と9選手(佐々木千隼投手、石川歩投手、佐々木朗希投手、益田直也投手、藤岡裕大選手、安田尚憲選手、中村奨吾選手、荻野貴司選手、藤原恭大選手)のポスターが電車側面に貼り付けられています。

また、車内の中づり、車内窓上ポスター、ドア横ポスターもマリーンズ装飾で埋め尽くされ、電車先頭のヘッドマークにもマリーンズワードマークが採用されています。なお、「2022年マリーンズ号」が走る新京成線は京成千葉線に直通運転しており、ZOZOマリンスタジアムまで直通バスで結ばれている京成幕張本郷駅にも「2022年マリーンズ号」が運行されます。

イメージ
イメージ

HEADLINE

その他一覧へもどる ニュース一覧へもどる