2020年

『常勝軍団』を作るため井口マリーンズは進化していく

監督:井口資仁

成績:2位(60勝57敗3分)

'19.12.31 2020年度チームスローガンが「突ッパ!」に決定。
03.09 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月20日に予定されていた2020年シーズンの開幕延期が決定。
03.10 鳥谷敬(前・阪神)の入団が決定。背番号は「00」。
03.31 育成枠のフローレスを支配下選手登録。背番号は「86」。
04.17 2020年日本生命セ・パ交流戦の開催中止を決定。
05.11 2020年オールスターゲームの中止を決定。
05.25 発出されていた緊急事態宣言の全面解除を受けて、2020年シーズンの開幕が6月19日に決定。
06.01 育成枠の和田を支配下選手登録。背番号は「63」。
06.19 パ・リーグ開幕戦。vsホークス1回戦(PayPayドーム)。公式戦では史上初となる無観客で実施された。支配下選手登録されたばかりの和田の活躍もあり9回に同点に追いつくものの惜しくもサヨナラ負け。
06.27 vsバファローズ5回戦。ルーキー・佐藤がプロ初安打となる代打サヨナラタイムリー。
06.28 vsバファローズ6回戦。レアードが決勝弾を放ち、パ・リーグでは初となる開幕2試合目から8連勝。バファローズとの6連勝となり、プロ野球史上初の同一カード6連戦6連勝。
07.28 vsイーグルス7回戦。井上がチームの日本人選手では1990年の初芝清以来、30年ぶりの1試合3本塁打。
08.07 vsバファローズ10回戦。益田が通算100セーブを達成。この時点で通算142ホールドをマークしており、100セーブ、100ホールドを両方達成したのはプロ野球5人目。
08.24 育成枠の大嶺祐を支配下選手登録。背番号は「64」。
08.28 vsバファローズ13回戦。益田が通算500試合登板を達成。
09.07 香月一と巨人の澤村拓一の交換トレードが成立。澤村の背番号は「57」。
09.21 チェン・ウェインの入団が決定。背番号は「58」。
10.14 vsイーグルス20回戦。藤原がプロ初本塁打となる初回先頭打者初球本塁打。初本塁打が初回先頭打者本塁打はプロ野球45人目。
10.16 vsファイターズ22回戦。藤原が初回先頭打者本塁打。プロ1、2号が初回先頭打者本塁打はプロ野球3人目。
10.25 vsバファローズ23回戦。鳥谷が通算350二塁打を達成。
10.26 新人選手選択会議(ドラフト会議)。マリーンズは鈴木昭汰・中森俊介・小川龍成・河村説人・西川僚祐、育成枠で谷川唯人・小沼健太・山本大斗・佐藤奨真の9選手を指名。
10.28 vsホークス20回戦。鳥谷が8番・遊撃手でスタメン出場し遊撃手での通算出場1768試合のプロ野球最多記録を樹立。
11.08 vsライオンズ24回戦。3位ライオンズを8対2で下し、「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」進出決定。2004~06年のプレーオフを含めて4年ぶり7度目の出場。
11.09 vsファイターズ24回戦。逆転負けを喫し4対7で敗戦。最終成績60勝57敗3分、勝率.513(2位)で全日程終了。
11.09 細川が今季限りの現役引退を表明。
11.15 CS、vsホークス第2戦。安田、藤原がともに猛打賞と躍動するものの競り負け、0勝2敗でCS敗退。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で特殊なシーズンとなった2020年。マリーンズは4年ぶり7度目のクライマックスシリーズへ進出しました。日本シリーズへの進出は叶いませんでしたが、安田や藤原、和田などの若手選手の台頭があり来季へ繋がるシーズンとなりました。

2021年

『常勝軍団』を作るため井口マリーンズは進化していく

監督:井口資仁

成績:2位(67勝57敗19分)

01.30 チームの中長期的なビジョンやメッセージを伝えた「Team Voice(チームボイス)」を発信すると発表。
01.31 2021年度チームスローガンが「この点、つかみ取る。」に決定。
02.01 春季キャンプスタート。1・2軍ともに石垣島で、1軍は2月12日まで、2軍は同25日まで練習。
03.08 「千葉ロッテマリーンズ理念」を策定。
03.14 育成枠の本前を支配下選手登録。背番号は「49」。
03.26 パ・リーグ開幕戦。vsホークス1回戦(PayPayドーム)。自身初の開幕投手に指名された二木が6回途中5失点。吉田の代打本塁打などで反撃も及ばず敗戦。
04.03 vsファイターズ2回戦。鳥谷が通算1000得点を達成。
04.24 vsホークス5回戦。井口監督が監督通算200勝を達成。
04.27 vsライオンズ4回戦。石川が通算1000投球回を達成。
05.12 マーテインが3・4月度大樹生命月間MVPを受賞。自身初の受賞。
05.16 vsライオンズ9回戦。初回、先頭打者・荻野貴、マーテインが2者連続本塁打。初回先頭打者から2者連続本塁打はプロ野球43度目。また、この試合でハーマンが通算100ホールドを達成。
05.19 岡が3・4月度スカパー!サヨナラ賞を受賞。自身初の受賞。
06.04 vsベイスターズ1回戦。益田が、プロ野球62人目、68度目となる1球セーブ。
06.14 有吉と横浜DeNAの国吉佑樹の交換トレードが成立。国吉の背番号は「92」。
06.15 加藤と中日の加藤匠馬の交換トレードが成立。加藤の背番号は「66」。
06.16 エンニー・ロメロの入団が決定。背番号は「91」。
07.15 フレッシュオールスターゲーム2021開催。イースタン・リーグ選抜として土居、横山、小川が出場。小川が優秀選手賞を受賞。
08.27 vsイーグルス16回戦。国吉が移籍後初勝利をあげ、同一シーズンに両リーグで勝利。
08.30 育成枠の植田を支配下選手登録。背番号は「95」。
08.31 小窪哲也(元・広島)の入団が決定。背番号は「36」。
08.31 vsライオンズ18回戦。千葉ロッテマリーンズがZOZOマリンスタジアムでの通算1000勝を達成。
09.08 藤原が7・8月度大樹生命月間MVPを受賞。自身初の受賞。
09.08 vsバファローズ18回戦。8回、マーティンが25号3ランを放ち、プロ野球11チーム目となるチーム通算8000本塁打を達成。また、この試合で益田が通算150セーブを達成。
09.22 イースタン・リーグ、ベイスターズ戦で初回リーグ新記録となる1イニング17得点をあげるなど19-0と大勝し、7年間ぶり11度目のイースタン・リーグ優勝。
10.03 イースタン・リーグ全日程終了。最終成績60勝42敗6分、勝率.588(1位)。森が最多勝利、小沼が最多セーブ、髙部が最多盗塁のタイトルを獲得。
10.07 vsイーグルス24回戦。荻野貴が、プロ野球36人目、42度目となる2試合連続初回先頭打者本塁打。
10.09 ファーム日本選手権。タイガースに2-3で惜敗。森が優秀選手賞を受賞。
10.11 新人選手選択会議(ドラフト会議)。マリーンズは松川虎生・池田来翔・廣畑敦也・秋山正雲・八木彬、育成枠で田中楓基・速水将大・永島田輝斗・村山亮介の9選手を指名。
10.14 レアードが9月度スカパー!サヨナラ賞を受賞。自身4度目の受賞。
10.14 vsバファローズ25回戦。6-1で首位攻防戦を制し、優勝へのマジックナンバー「9」が点灯。優勝マジックが点灯のは前後期制の時期を除くと51年ぶり。
10.15 vsホークス22回戦。岡が2試合連続となる6号2ランを放ち、3-1でサヨナラ勝ち。2年連続8度目の「2021 パーソル クライマックスシリーズ パ」(以下CS)進出が決定。
10.30 vsファイターズ25回戦。終盤に追い上げるも3対5で惜敗。最終成績67勝57敗19分、勝率.540(2位)で全日程終了。益田が最多セーブ、荻野貴が最多安打、最多盗塁、和田が最多盗塁のタイトルを獲得。
10.31 鳥谷が今季限りの現役引退を表明。
11.07 CSファーストステージ、vsイーグルス第2戦。マーティンの同点ソロで追いつき引き分け。1勝1分でCSファイナルステージ進出。
11.11 岡が10・11月度スカパー!サヨナラ賞を受賞。自身2度目の受賞。
11.12 CSファイナルステージ、vsバファローズ第3戦。最終回、同点に追いつかれ9回コールド。2敗1分でCSファイナルステージ敗退。
12.02 中村が二塁手部門で3年ぶり2度目、荻野貴が外野手部門で2年ぶり2度目の三井ゴールデン・グラブ賞を受賞。
12.09 育成枠の森を支配下選手登録。背番号は「62」。
12.10 小島の背番号は「43」から「14」、藤原の背番号は「2」から「1」に変更。
12.11 荻野貴がローソンチケット スピードアップ賞を受賞。
12.14 レアードが一塁手部門で初(三塁手で1度)、中村が二塁手部門で初のベストナイン賞を受賞。
12.18 タイロン・ゲレーロの入団が決定。背番号は「45」。
12.21 岡が2021スカパー!ドラマティック・サヨナラ賞 年間大賞を受賞。自身初の受賞。

「この1点を、つかみ取る。」をスローガンに戦ったシーズン。優勝争いの末に、惜しくも2年連続の2位となりました。佐々木朗のプロ初登板、小島の完投完封、岡の劇的サヨナラ本塁打。益田は最多セーブ投手賞に輝き、荻野貴と和田は最多盗塁者賞をダブル受賞するなど、常勝軍団を目指す選手たちの躍進が光りました。

  1. トップ
  2. 球団情報
  3. チームヒストリー