2018/02/07(水)チーム

2018春季キャンプ2月7日リポート

安田選手がシート打撃で2安打!

石垣春季キャンプ第2クール2日目。寒さは若干和らぎ、久々に青空の下でウォーミングアップを開始しました。
2日連続のブルペン入りをした涌井投手は、昨日は立ち投げ、この日は捕手が片膝をついた状態で投球。野手は連日のバントシフトを行い、午後はシート打撃・ケース打撃でより実戦的なプレーにのぞみました。

シート打撃は石川投手、田中靖投手、ルーキーの山本投手が登板し、前日同様カウント1ボール1ストライクから約40球×2セットを投じますが、これまでとは異なり、バントや進塁打など、試合さながらの内容が多く織り交ぜられました。

最も目立ったのは、ドラフト1位ルーキーの安田選手。第1打席で右前へ初安打を放つと、2打席目は左中間を破る二塁打を記録。スタンドから待望の初安打に拍手が起こりましたが、安田選手本人はこれまでも良い感触を得ていたようで、「昨日も第1クール最終日も良い打球を打てていたので、実戦で自分のスイングができたことは、少しですけど自信になりました」と、記録よりも納得のいく打席になったことが一番の様子。初めてのキャンプにも堂々とした落ち着きぶりは健在。「まだまだ練習段階なので、これからオープン戦などに入ったときに結果を出していきたいです。(それまでは)結果を欲しがらずに、自分のスイングを貫き通したいです」と、謙虚に振り返りました。

このキャンプで5度のシート打撃を見守った井口監督は、各選手の状態だけでなく、チーム全体の走塁意識の変化にも手応えを感じている様子。「アピールしなくてはいけない選手はたくさんいる」と監督が話す通り、紅白戦はいよいよ次のクール迫っています。

公式モバイルサイト 2月7日キャンプ関連配信予定コンテンツ

  • 練習メニュー
  • デイリーリポート
  • キャンプこぼれ話
  • 広報カメラ (YouTubeにて配信)
  • コンテンツによって配信時間は前後する場合がございます。ご了承ください。

2018春季キャンプ特集

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる