2018/02/15(木)チーム

2018春季キャンプ2月15日リポート

初の対外試合が目前に迫る

石垣春季キャンプは第4クールに突入。快晴となったこの日の早出特打には、安田選手・藤岡裕選手・肘井選手・宗接選手が名を連ねました。

そして、これまでのシート打撃や紅白戦の内容が加味され、初めて一軍と二軍に振り分けられた状態で全体練習が開始。一軍がメイングラウンド、二軍が第二球場を主に使用します。

ウォーミングアップ前、第二球場に集合した選手には今岡二軍監督が語り掛けます。一軍と二軍の首脳陣がしっかり連携をとり、選手を見ていくということ。そして、この先にいくらでもチャンスがあるのを忘れないでほしいということ。熱量を込めた力強い言葉は一人ひとりの背中を押し、選手たちは覚悟を持った表情で受け止めていました。

今年のキャンプでは、5度のシート打撃と紅白戦3試合をすでに実施。17日,18日のLamigoモンキーズ2連戦が迫るなか、総合的な連係プレーが立て続けに行われます。メイングラウンドでは、檄を飛ばしながらノックを打ち続ける鳥越コーチや、大声で盛り立てる鈴木選手が目立ち、軽快なグラブさばきの連続もあれば、思うような送球が出来ず悔しさを滲ませる選手の姿も。それぞれの気迫に満ちたプレーがひたすら繰り返されました。
その後の打撃廻りは、グループごとに打撃・走塁・守備をまわりますが、種目のひとつとして昼食を組み込むことで、打撃廻り終了後すぐに個別練習に移れる効率的なメニューを展開。その個別練習も特打と特守を入れ替え制で両方行うなど、首脳陣の工夫によって日々新たな光景が広がっています。

投内連係に参加した涌井投手と内投手と大谷投手は、同じ連係プレーを行った渡邉投手や永野投手と言葉を交わす姿も見られ、最初は硬かったルーキーの表情にも明るさが目立つようになりました。涌井投手らはその後ブルペン入りし、その他にも東條投手・高野投手・関谷投手・西野投手ら一軍と二軍の投手陣が入り混じって熱投を披露。
振り分けにより各選手の状況は変動し、春季キャンプの緊張感はさらに高まっています。

公式モバイルサイト 2月15日キャンプ関連配信予定コンテンツ

  • 練習メニュー
  • デイリーリポート
  • キャンプこぼれ話
  • 広報カメラ (YouTubeにて配信)
  • コンテンツによって配信時間は前後する場合がございます。ご了承ください。

2018春季キャンプ特集

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる