2018/02/18(日)チーム

2018春季キャンプ2月18日リポート

新戦力の活躍が光った一戦

石垣春季キャンプ一番の快晴となった第4クール4日目。 12安打10得点で勝利した昨日に続き、台湾プロ野球チーム“Lamigoモンキーズ”との交流戦を開催しました。この日はルーキーの渡邉投手が先発マウンドを任され、他の新戦力投手陣も続々登板。安田選手は2試合連続で四番を務めました。

▼本日のスタメンはこちら
1(遊)平沢
2(右)菅野
3(左)清田
4(三)安田
5(一)井上
6(二)中村
7(指)ドミンゲス
8(中)細谷
9(捕)柿沼
先発投手…渡邉

両チームの投手陣が得点を与えぬ展開が続き、試合が動いたのは5回のマリーンズの攻撃。先頭の細谷選手が二塁打で出塁すると、2死3塁でルーキーの菅野選手が対外試合初安打となる適時打を放ち先制!6回にはペゲーロ選手の併殺ゴロの間に1点を追加し、その後も清田選手の犠飛などで得点を重ねたマリーンズが5-1で連勝を飾りました。
紅白戦でも結果を残した清田選手と中村選手は、今日の対外試合でも2安打で打撃好調を維持。終盤に代走で登場したルーキーの藤岡裕選手は1打数1安打1盗塁。少ない出番できっちり結果を残しました。

先発を務めた渡邉投手は初回を3者凡退。2回は走者を出すも、併殺と三振で切り抜けて2回2安打無四球無失点の好投。ベンチから戦況を見つめた井口監督も「気持ちが入った投球で、期待に応えてくれました。安定していますし非常に楽しみです」と高評価。同じくルーキーの永野投手は2者連続三振を含む1回3者凡退の投球を見せました。
また、ボルシンガー投手は1死1,3塁のピンチを併殺で凌ぐなど2回1安打1四球無失点。シェッパーズ投手は2つのゴロと三振を奪う好投で「自分の思っているボールは大体投げることができた」と振り返る1回3者凡退。そして、阿部投手も1回3者凡退。酒居投手は1回3安打無四球1失点。高野投手は1回1安打2四死球無失点という結果でした。

新加入選手のアピールが目立った2戦目を終え、Lamigoモンキーズ2連戦は無事終了。これから続く対外試合への弾みとなる連勝を飾りました。

公式モバイルサイト 2月18日キャンプ関連配信予定コンテンツ

  • 練習メニュー
  • デイリーリポート
  • キャンプこぼれ話
  • 広報カメラ (YouTubeにて配信)
  • コンテンツによって配信時間は前後する場合がございます。ご了承ください。

2018春季キャンプ特集

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる