2019/02/01(金)チーム

2019春季キャンプ2月1日リポート

春季キャンプ初日に紅白戦開催!

画像

2019年の春季キャンプがスタートしました!石垣市中央運動公園野球場にて、一軍は2月11日まで、二軍は21日まで練習を行います。
キャンプインセレモニーで井口資仁監督は「昨シーズンの反省を生かし、今シーズンこそ真上(スローガンのマウエ↑)を目指して、石垣の皆さまとともに戦っていきたい。活気のあるキャンプにしたいと思います」と力強く挨拶。

今年は初日から紅白戦を開催。この日に照準を合わせた選手たちの真剣勝負は、涌井投手と石川投手の両先発をはじめとした18投手が登板する豪華な一戦となり、試合は9回裏に平沢選手のサヨナラタイムリーで白組が勝利を収めました。

投手陣で見事3者凡退に抑えたのは、石川投手・田中靖投手・土肥投手・島投手・唐川投手・酒居投手。
野手は高濱選手と清田選手が本塁打を放ち、鈴木選手・井上選手・吉田選手は二塁打を記録。唯一の複数安打となった加藤選手は2安打1盗塁でアピールしました。
また、ルーキーの野手3人も全員が初打席を経験しました。松田選手は遊撃手で途中出場すると、打席ではファールで粘りながら四球をもぎ取る場面も。最終回に代打で登場した山口選手はルーキー勢の初ヒットとなる二塁打。同じく代打で登場した藤原選手は「三振でもいいから、いい経験として次に生かしたい」という気持ちで打席に立ったとのことで、初球からフルスイングを見せ、最後は四球で出塁。中堅手として守備機会にも恵まれた一戦となりました。

そして、紅白戦でチーム内競争が本格化した本日は、レアード選手が入団会見で競争に参戦する意気込みを語り、バルガス選手はフリー打撃で柵越え連発のパワーを披露。春季キャンプは今後さらなる盛り上がりが予想され、2019年を戦う全員の熱気がグラウンドに渦巻いています。

公式ブログで春季キャンプこぼれ話を公開中!

公式モバイルサイト 2月1日キャンプ関連配信予定コンテンツ

  • 練習メニュー
  • デイリーリポート
  • キャンプブログ
  • 広報カメラ (YouTubeにて配信)
  • コンテンツによって配信時間は前後する場合がございます。ご了承ください。

2019春季キャンプ特集

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる