2019/02/03(日)チーム

2019春季キャンプ2月3日リポート

石垣春季キャンプ第1クール3日目

実戦を想定した練習を継続

石垣春季キャンプ第1クール3日目。
初日の紅白戦以降も実戦メインのキャンプであることは変わらず、この日も全選手がシートノックや投内連係、バントシフトなどに時間を割きました。一軍球場では鈴木選手や平沢選手らが、二軍球場では高濱選手や香月一選手らが声でも盛り上げ、気持ちを込めた練習が続けられました。

その後のメイングラウンドでは新戦力のレアード選手とバルガス選手が並んでフリー打撃を行う一幕があり、さらに野手の打撃廻りではグラウンドと室内と鳥カゴを一斉に使い、マシン・ロングティー・バント・守備・走塁など、グループごとにめまぐるしい練習が展開されていきました。

一方、投手陣は関谷投手・西野投手・南投手・高野投手らがブルペンで投球。陸上競技場では体幹やチューブを使ったトレーニングにじっくり取り組んだ後、涌井投手と益田投手の快走が目立ったランニングを実施。先輩が声をかけることで、新人選手たちも徐々に溶け込んでいる様子でした。

この日の全体練習は通常より早めに終了するも、選手が球場を出始めた頃には鳥カゴで福浦二軍打撃コーチ兼選手が自身の打撃練習に打ち込む姿があり、別メニューに励む藤岡裕選手や大嶺祐投手らは皆が朝グラウンドに出ている間も室内で黙々と練習。それぞれが今できる最大限のことに取り組んでいます。

公式ブログで春季キャンプこぼれ話を公開中!

公式モバイルサイト 2月3日キャンプ関連配信予定コンテンツ

  • 練習メニュー
  • デイリーリポート
  • キャンプブログ
  • コンテンツによって配信時間は前後する場合がございます。ご了承ください。

2019春季キャンプ特集

チーム一覧へもどる ニュース一覧へもどる