2019/08/20(火)その他

モビリティ変革コンソーシアム実証実験のサービス開始

JR東日本では、京葉線海浜幕張駅及び蘇我駅周辺エリアにおいて、8月20日(火)~10月31日(木)に「駅からはじまるスポーツのまちキャンペーン」を実施します。
京葉線沿線ではスポーツを通じた沿線活性化をすすめており、沿線情報アプリ「京葉線プラス」の特設コンテンツや、海浜幕張駅、ZOZOマリンスタジアム、蘇我駅等に設置したデジタルサイネージで、スポーツ観戦を盛り上げ、まち歩きを楽しむ情報を発信します。また、海浜幕張駅の30分後までの混雑状況を予測(※)し、周辺への「寄り道」情報とあわせて発信することで混雑ピークを分散し駅の混雑緩和を図ります。

(※)9月中旬以降からのサービス

キャンペーン目的

  • 沿線のスポーツチームやスタジアム情報を発信し試合観戦を盛り上げます。
  • 魅力あるまち情報の発信により周辺エリアへの回遊を促します。
  • 駅の混雑情報を発信することで混雑ピークの分散を図ります。

キャンペーン名称

「駅からはじまるスポーツのまちキャンペーン」

キャンペーン期間

2019年8月20日(火)~10月31日(木)

サービス提供期間

【アプリ】

京葉線沿線情報アプリ「京葉線プラス」に特設コンテンツを設置
2019年8月20日(火)~10月31日(木)

【サイネージ】

海浜幕張駅改札内
2019年8月20日(火)~10月31日(木)
ZOZOマリンスタジアム Cゲート付近
2019年8月20日(火)~公式戦終了まで
蘇我駅改札内
2019年9月中旬~10月31日(木) ※予定
  • サイネージの設置駅は追加になる場合があります。追加駅はアプリ等でお知らせします。

キャンペーン内容

アプリでは、エリアに来場されるお客様属性(子どもと、パートナーと、友達と、おひとり)や目的(千葉ロッテマリーンズ応援、ジェフユナイテッド市原・千葉応援、まちぶら)に対応した海浜幕張駅と蘇我駅周辺エリアのまち歩き情報を提供するほか、サイネージでは周辺の交通情報や、京葉線沿線に拠点を持つ千葉ロッテマリーンズ、ジェフユナイテッド市原・千葉をはじめとした「KEIYO TEAM6(※1)」情報や選手、マスコットの画像と一緒に記念写真が撮れるエンターテイメント機能などを搭載します。
また、駅の混雑緩和を目的にアプリやサイネージを利用して海浜幕張駅の30分後までの混雑予測情報を提供します。

(※1)「KEIYO TEAM6」
京葉線沿線に本拠地を持ち活動するスポーツチーム、バルドラール浦安(フットサル/新浦安)、千葉ジェッツふなばし(バスケットボール)、オービックシーガルズ(アメリカンフットボール)、千葉ロッテマリーンズ(野球)、千葉ゼルバ(バレーボール)、ジェフユナイテッド市原・千葉(サッカー)の6チームを 「KEIYO TEAM6」 と称し、6チームとJR東日本が相互に連携したプロモーション等各施策を通じて、スポーツによる京葉線沿線のまちづくり・活性化を推進しています。

コンテンツ内容

下記2つのエリアの情報を発信します。

  • (1)海浜幕張エリア(海浜幕張駅周辺、ZOZOマリンスタジアム)
  • (2)蘇我エリア(蘇我駅周辺)

【アプリ掲載情報】

  • 駅周辺店舗情報、エリア寄り道スポット情報
  • 「KEIYO TEAM6」情報、観戦情報(イベント、試合速報、観戦サポート等)
  • ZOZOマリンスタジアム及びフクダ電子アリーナグルメ情報
    (※フクダ電子アリーナは9月中旬以降サービス開始予定)
  • 海浜幕張駅混雑予測情報(※9月中旬以降サービス開始予定) ほか

【サイネージ掲載情報】 ★印は海浜幕張駅設置サイネージのみの情報

  • 設置駅周辺店舗情報
  • 「KEIYO TEAM6」情報、選手及びマスコットとの記念写真機能
  • ポスターアーカイブ(千葉ロッテマリーンズ、ジェフユナイテッド市原・千葉)
    (※ジェフ千葉は9月中旬以降サービス開始予定)
  • 設置駅周辺交通情報
  • 海浜幕張駅-幕張メッセ間のルート案内動画★ (混雑回避、バリアフリールートにも対応)
  • 周辺エリアのSNS発信情報
  • 海浜幕張駅混雑予測情報★ (※9月中旬以降サービス開始予定)
システムイメージ

キャンペーン参加方法

スマートフォン用アプリ

京葉線沿線情報アプリ「京葉線プラス」をダウンロードいただき、特設コンテンツ「駅からはじまるスポーツのまち」をご覧ください。

京葉線プラス ダウンロードキャンペーン

京葉線沿線情報アプリ「京葉線プラス」

~京葉線沿線情報と沿線で活躍するスポーツチーム「KEIYO TEAM6」情報が満載~

QRコード

サイネージ

海浜幕張駅や蘇我駅、及びZOZOマリンスタジアムに設置されたサイネージから各コンテンツをご覧いただけます。サイネージはご自由にお使いいただけます。

サイネージ
  • サイネージは蘇我駅にも設置予定

その他

このキャンペーンは「モビリティ変革コンソーシアム」実証実験(Smart City WG)の一環として実施します。

「モビリティ変革コンソーシアム」

JR東日本単独では解決が難しい社会課題や、次代の公共交通について、交通事業者と各種の国内外企業、大学・研究機関などがつながりを創出し、オープンイノベーションによりモビリティ変革を実現する場として設立されました。

モビリティ変革コンソ―シアムHP

その他一覧へもどる ニュース一覧へもどる