2019/11/06(水)キャンプ

2019秋季キャンプ11/6(水)リポート

鴨川秋季キャンプ第2クール1日目

活気あふれる第2クールがスタート!

イメージ

鴨川秋季キャンプは第2クールに突入しました。
天候に恵まれ、この日も朝の集合前にメイングラウンドで各自ストレッチをします。来季に向けた課題も、置かれている立場も様々の選手たち。このキャンプでは、他人に合わせるのではなく、一人ひとりが最高の準備をすることが求められています。
「休み明け、元気にやっていきましょう!」の掛け声とともに、全体のウォーミングアップが始まりました。
残念ながら松田選手が腰痛により鴨川を離れましたが、メイングラウンドと室内練習場では香月一選手・藤岡選手・茶谷選手・菅野選手・三家選手・和田選手が『打撃まわり』を開始。しばらくすると、ブルペンでの捕球を終えた田村選手・柿沼選手・宗接選手も加わります。ロングティーや連続ティーなどキャンプ初日から継続しているものの他に、ハンマーでタイヤを叩く種目には使い方の変化があり、第1クールとの細かな違いが見られました。
投手陣は、石崎投手・二木投手・東條投手・岩下投手・種市投手・東妻投手が、田村選手らが構えるミットに向けて投球。その後の肩トレーニングも初日から徹底されています。他の投手は投内連係。午前中の最後はサッカー場にそろって強化メニューとランニングを行いました。
午後の個別練習では、サブグラウンドで原投手が丁寧にキャッチボール。ブルペンでは二木投手や成田投手らが投球する傍らで、吉井コーチが若手を対象に座学をひらく一幕もありました。本日の鳥越コーチの内野特守は茶谷選手。三家選手と和田選手は、大塚コーチと伊志嶺コーチによる走塁と外野特守に没頭し、それぞれの練習が続いていきました。

その他キャンプコンテンツ・配信情報はこちら

練習メニュー

>>練習メニュー

キャンプブログ

キャンプブログ
[URL(PC・スマートフォン)]
https://lineblog.me/chibalotte/

>>2019秋季キャンプ特集

キャンプ一覧へもどる ニュース一覧へもどる