2020/06/22(月)その他

NTTドコモとスポンサーシップを締結

千葉ロッテマリーンズは株式会社ドコモCS様(以下ドコモ)と2020年シーズンにおいてスポンサーシップ契約を締結しました。
千葉ロッテマリーンズはドコモと共に新たなプロ野球の楽しみ方を創造していきます。
第一弾として、5Gを活用した新たなスポーツの楽しみ方を提供するため、荻野貴司選手、井上晴哉選手、岩下大輝投手、種市篤暉投手の4選手のピッチング、バッティングなどを間近で疑似体験できるVR(仮想現実)コンテンツ「VR野球」を作成しました
利用者はキャッチャーになりきり、岩下大輝投手、種市篤暉投手のさまざまな球種・球速のピッチングや、荻野貴司選手、井上晴哉選手の豪快なスイングなどを、まるでプロ野球選手と同じフィールドに立っているかのように体験することができます。

「VR野球」は、2018年に誕生した海の家風ルーム「ビーチハウス・ルーム」にて無料で提供を行います。これに伴い、同ルームは「ビーチハウス・ルーム supported by docomo」と名称を変更します。
「ビーチハウス・ルーム supported by docomo」でリアルとバーチャル、まさに「二刀流」での新しい野球観戦をぜひお楽しみください!!
また、「VR野球」は「ビーチハウス・ルーム supported by docomo」のほか、ドコモショップ海浜幕張店、ドコモショップイオンモール八千代緑が丘店、ドコモショップららぽーとTOKYO-BAY店でもお楽しみいただけます。

「VR野球」の内容

「VR野球」は、利用者がヘッドマウントディスプレイを装着することで、マリーンズの岩下大輝投手、種市篤暉投手のさまざまな球種・球速のピッチングや、荻野貴司外野手、井上晴哉内野手の豪快な   スイングを、まるでプロ野球選手と同じフィールドに立っているかのように体験できるコンテンツです。利用者はキャッチャーになりきり、手元のコントローラーをグローブに見立てて全6球の投球キャッチに挑戦し、成功数を競います。

「VR野球」体験イメージ

「VR野球」体験イメージ
「VR野球」利用開始日
決まり次第お知らせします
  • 新型コロナウイルス感染予防として、VR野球をご利用いただくお客様には以下への協力をお願いします。
    • 備え付けのVRゴーグル用使い捨て不織布マスク装着
    • VRゴーグル使用ごとのアルコール消毒
  • 昨今のコロナウイルスの影響を鑑みて、体験を中止させていただく場合があります。
  • 部屋の大きさや内装に変更はありません。

ビーチハウス・ルーム
supported by docomo
部屋詳細はこちら

その他一覧へもどる ニュース一覧へもどる