2021/02/18(木)キャンプ

2021春季キャンプ2/18(木)レポート

石垣島春季キャンプ第4クール3日目

石垣島にマーティン選手が合流しました。
朝の集合時にチームメイトと明るく挨拶を交わし、室内練習場でウォーミングアップとキャッチボール。その後は打撃練習で汗を流しました。

キャンプ

そして、この日は石垣島春季キャンプ初となるシート打撃が行われました。

二木康太投手、小島和哉投手、フローレス投手は打者3人を2セット。育成ルーキーの小沼健太投手と佐藤奨真投手は打者4人に対して投球しました。
1死2塁や走者無しなど様々な状況を想定し、野手はA班B班に分かれて守備と打撃、走塁を交代していきます。

キャンプ
キャンプ
キャンプ
キャンプ

福田秀平選手が本塁打。宗接唯人選手は二塁打を放ち、育成ルーキーの山本大斗選手は1打席という限られたチャンスで二塁打のアピール。井上晴哉選手、三木亮選手、新加入のサントス選手も安打を放ちました。

ほかにも、無安打無四球で「ナイスピッチング!」の声があがった小沼健太投手や、鋭い当たりに好反応をみせた佐藤奨真投手のフィールディングを称える井上晴哉選手、マウンドに駆け寄り新人投手に助言をする三木亮選手の姿もありました。

最後は鳥越裕介二軍監督と各コーチから言葉が送られてシート打撃は終了。この日ブルペン入りをした益田直也投手、松永昂大投手、岩下大輝投手らが見学に訪れる一幕もありました。

マーティン選手の合流と、本格化する実戦練習。新たな動きが見られた一日でした。

2月18日(木)練習試合

練習メニュー

春季キャンプ特集ページはこちら

HEADLINE

キャンプ一覧へもどる ニュース一覧へもどる