2020/02/02(日)キャンプ

2020春季キャンプ2/2(日)リポート

石垣島春季キャンプ第1クール2日目

実戦に向けた準備が進む

イメージ

晴天の石垣島春季キャンプ第1クール2日目。全体練習開始の1時間以上前から、室内練習場には各々のペースで調整する選手たちの姿がありました。この日は新しいビジターユニホームを着用し、前日とは違う雰囲気の中で練習が始まりました。
2月8日(土)、9日(日)に台湾のプロ野球チーム『楽天モンキーズ』との交流戦が予定されていることもあり、メイングラウンドでは実戦形式のメニューに時間をかけます。
ベースランニングでは大塚コーチが一人ひとりを細かく指導。
続く投内連携には、東妻投手・中村稔投手・成田投手・小野投手・古谷投手・土居投手も参加しました。周囲が驚く好プレーを見せる場面もあれば、悔しそうな表情を見せる場面もあり、土居投手にアドバイスを送る鳥越コーチは試合中の心理まで細かく想像させ、直後の土居投手のプレーにしっかり反映させる一幕もありました。
その後のシートノックの布陣は、ファーストが井上選手。セカンドが中村選手と福田光選手。サードがレアード選手と安田選手。ショートが藤岡選手と松田選手と西巻選手。レフトが荻野貴選手。センターが藤原選手と岡選手と福田選手。ライトが加藤選手と高部選手。
仲間同士の「ナイスプレー!!」の声だけでなく、ミスが出たときにカバーし合う言葉も積極的に飛びます。ひときわ大きな声を発していたのは安田選手。鋭い打球に果敢に飛びつき、悔しいプレーがあった直後は、さらに大声で気合を入れ直していた姿も印象的でした。
ブルペンでは石川投手や益田投手、美馬投手らが投球。新加入の美馬投手は、マリーンズの印象を「みんな仲が良くてやりやすいです」と話し、今後も続くキャンプについては「毎年がんばりすぎてしまうところがあるので、無理をしないように。今のところは順調です」と確かな手ごたえを感じているようでした。
着々と近づく実戦に向けて、分刻みの濃密な練習が続いています。

その他キャンプコンテンツ・配信情報はこちら

練習メニュー

広報カメラ (YouTubeにて配信)

キャンプブログ
[URL(PC・スマートフォン)]
https://lineblog.me/chibalotte/

広報カメラ (YouTubeにて配信)
[URL(PC・スマートフォン)]
https://www.youtube.com/user/marinesTVOfficial

>>2020春季キャンプ特集

キャンプ一覧へもどる ニュース一覧へもどる