2019/06/14(金)その他

福浦選手自伝「習志野が生んだ野球小僧」発売

習志野が生んだ野球小僧

野球小僧からプロ野球選手に!! 千葉ロッテマリーンズひと筋26年。
福浦和也選手の自伝「習志野が生んだ野球小僧」が7月9日(火)にコスミック出版より発売されます。
商品の詳細は、以下のとおりです。

タイトル
習志野が生んだ野球小僧
体裁(予定)
四六判・平綴じ 224ページ予定
定価
1,300円(税抜)
発売
2019年7月9日(火)
ISBN
9784774791906

概要

プロ入り直ぐの怪我から打者への転向、4年目の決断、悪夢の18連敗、そして史上最大の下剋上…。決して平たんではなかった福浦和也の野球人生。千葉・習志野が生んだ名プレイヤーはどのように野球と出会いプロ野球選手としての道を歩んできたのか。今まで明かされなかった彼の生き様がこの1冊に。

福浦和也選手プロフィール

1975年12月14日生まれ。
1993年にドラフト7位で千葉ロッテマリーンズに入団。
入団してすぐに肩を故障。当時の二軍打撃コーチだった山本功児に打者への転向を打診され打者に転向。
2001年に首位打者のタイトルを獲得。
2002年、二塁打を40本放ち、翌年には史上2人目となるシーズン通算2塁打50本を放つ。さらに同年にゴールデングラブ賞を受賞。
2004年、二塁打を40本放ち、3年連続2塁打40本のNPB記録を達成。
また同年にシーズン通算1000本安打を達成。
2018年には2000本安打を達成し名球会入りを果たす。
2019年、今シーズン限りでの引退を発表。現在選手兼二軍打撃コーチとして若手の育成に力を入れている。

本書内容

序章「2000本安打を達成して」
第1章「千葉・習志野で生まれ育って」
第2章「野球漬けだった習志野高校時代」
第3章「ルーキーイヤー」
第4章「首位打者獲得、そして優勝」
第5章「福浦和也とは何者なのか」
終章「二軍打撃コーチ、未来、千葉・習志野への思い」

その他一覧へもどる ニュース一覧へもどる